このページの本文へ

抹茶、いちご、レアチーズの3種類:

かき氷でもアイスでもない「蜜と雪」 森永乳業から

2018年05月23日 17時30分更新

文● モーダル小嶋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 森永乳業は、「蜜と雪 抹茶」「同 いちご」「同 レアチーズ」の3商品を、6月4日から発売します。価格はいずれも170円前後。

 上にかけたソースと微細氷の2層構造で、ソースを“蜜”、微細氷を“雪”と表現して名付けられた新ブランド。独自の製法による香り立ちがよくやわらかい食感という自家製ソースと、舌ざわりのよい微細氷の融合が特徴だそう。とろりとしたコクのあるソースと、こだわりの素材を混ぜ込んだ微細氷の異なる2つの味わいが口の中でとけあい、食べ飽きることなくぜいたくな味わいを堪能できるとしています。

ソースと氷の2層構造が最大の特徴

 抹茶は、ほどよい苦味と渋味が感じられるという宇治抹茶を使用した抹茶氷に、北海道産の小豆をアクセントとして混ぜ込み、食べ飽きない味わいに仕上がっているそう。抹茶ソースには、旨味が強いという京都産宇治一番茶を使用しています。

 いちごは、なめらかな食感のミルク氷に、甘味と酸味のバランスがよいといういちご果肉を混ぜ込み、コクがありながら後味すっきりの味わいに仕上げたとしています。とろりとした食感のいちご果肉入りのソースは、いちご本来の風味を楽しめるとうたっています。

 レアチーズは、レモンで香り付けしたレアチーズ氷に、チーズの香りを効かせたというチーズソースをカップの底に充填し、風味豊かな味わいに仕上げたとのこと。ブルーベリー、ラズベリー、ストロベリーを組み合わせた、とろりとした食感のミックスベリーソースもポイントだそうです。

 リリースによると、30~50代女性にアンケート調査を実施して「冷たいケーキを食べているかのような新感覚」「1年中食べたくなる濃厚な食感」といった感想があったそうです。コンビニアイスとしては高価格帯ですが、上質さに期待できそう。食べてみたいですね。



■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

カテゴリートップへ

ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!