このページの本文へ

春のヘッドフォン祭 2018第11回

Audearaのヘッドフォン「A-01」

聴力測定して音質を個人に合わせるヘッドフォン、国内参入

2018年04月29日 06時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ヘッドフォン「A-01」

 中野サンプラザで開催中の「春のヘッドフォン祭2018」で、Audeara(オーディアラ)が発表会を開催。ヘッドフォン「A-01」を国内向けに展開する音を明かした。

 発表会では、CEOのジェイムス・フィールディング氏が登壇。製品の背景として、人の聴力は、本人が気づいていないだけで、ダメージによって失われていたり、左右のバランスにズレが生じていることと、その特性には個人差があることをはじめに解説。

アルマイト製ハウジングを採用

 A-01は、専用のスマートフォンアプリと組み合わせて使用する製品。アプリで聴力を測定すると、聴力に応じて、音の聞こえ方を最適化するプロファイルが作成される。プロファイルをヘッドフォンにインストールすることで、聴力測定に基づいた、最適な音質でヘッドフォンが駆動する。こうした仕様を同社では、「現在世界で最もあなたの聞こえ方に忠実なヘッドフォン」などのキャッチで表現している。

イヤーパッド側にはLRを大きく表示。機能重視の姿勢を感じる

 プロファイルは複数作成でき、使用者や、使用シーンが変わっても対応できる。また、ノイズキャンセリング機能も搭載しており、小さな音量でも音楽を楽しめるとする。有線接続のほか、Bluetoothにも対応。対応コーデックはaptX。そのほか主な仕様は40mmドライバー搭載、応答周波数20-22000Hz、アルマイト筐体の採用、通話用マイク搭載、連続再生時間65時間(有線+ノイズキャンセリング仕様時)など。

 価格、具体的な発売時期は現時点で未定。

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン