このページの本文へ

友人宅で自分が買ったゲームを遊べる!意外と知らないPS4で外付けHDDを使う魅力

挿したら即認識!簡単設定ですぐに利用できる

2018年05月07日 10時00分更新

文● 飯島範久 編集●ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本製品を利用する際は、最初に拡張ストレージとしてフォーマットする必要がある。手順は以下の通りだ。

「設定」の「周辺機器」で「USBストレージ機器」を選択
接続されたストレージが表示されるので「Game Drive PS4」を選択
「拡張ストレージとしてフォーマットする」を選択
注意事項が表示される。拡張ストレージには、アプリをインストールできるが、セーブデータやスクリーンショット、ビデオクリップなどは保存できない
「はい」を選択してフォーマットを開始
フォーマットが完了したらすぐに使える

 フォーマットが完了すると、この後にダウンロードするゲームやアプリの保存先が、自動的に本製品に変わる。「設定」の「ストレージ」を確認すると、それぞれのストレージで使用している割合がわかる。また、アプリケーションのインストール先の変更も、この画面から「オプションメニュー」で行なえるため、保存先を本体に変更したい場合はここから設定する。

「設定」の「ストレージ」で、容量や保存されているアプリなどを確認できる

 また、PS4を使用中に本製品を外したい場合は、無理やり外すとデータ破損の恐れもあるので、「PS」ボタンを長押ししてクイックメニューを表示させ、「サウンドと周辺機器」の「拡張ストレージの使用を停止する」を選択し、停止させてから外すようにしよう。

クイックメニューの「サウンドと周辺機器」を選択
「拡張ストレージの使用を停止する」を選ぶ
停止してから本製品を外す。PS4の電源を切った状態なら外しても問題ない

 新規にゲームやアプリをダウンロードする場合は何も考えずに本製品へインストールされるが、すでに本体のストレージにインストールされているゲームやアプリを本製品へ移動することはできない。

 そのため、すでに本体のストレージにインストールされたゲームやアプリは、一度本体から削除したうえで、再度「ライブラリー」から購入した履歴を参照し、ダウンロードを実行する。すると、本製品へインストールされる。

すでにあるゲームを本製品へ移したいときは、まず既存のゲームを削除する。削除したいゲームを選択し「オプションメニュー」から「削除」を選択
削除を実行してゲームを本体ストレージから消す
「ライブラリー」にある「購入したコンテンツ」から、削除したゲームを選択
「ダウンロード」を実行するだけ