このページの本文へ

アップルが11種類の新モデルをEECに申請:

アップルiPhone SE 2ついにリリースか=うわさ

2018年04月20日 11時50分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが未発表のiPhone合計11機種を、ロシアやベラルーシなどが加盟するユーラシア経済連合(EEC=Eurasian Economic Commission)に登録した。フランスのメディアConsomacが現地時間18日に伝えている。

 EECのデータベースを見ると、登録されたのはすべてiOS 11をインストールしたiPhone。モデル名はA1920、A1921、A1984、A2097、A2098、A2099、A2101、A2103、A2104、A2105、そしてA2106の11種類だ。

 ロシアでは企業が暗号化機能をもつ製品を発売する際はEECに登録する必要があり、実際にアップルが今年4月4日に発売した第6世代iPadは、A1893とA1954という2つのモデルとして2月19日に登録されたことが確認されている。

 iPhoneのメジャーアップデートが例年9月であることを考えると、この時期の登録は「iPhone SE 2に違いない!」というのが大方の予想だ。おそらく、アップルが6月に開催するWWDCで明らかになることだろう。

■関連サイト


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン