このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

格安データ通信SIMを買って格安に使い倒す!第100回

今や格安SIMよりも安い? サブブランドの月額費用が数百円で済む理由

2018年04月19日 12時00分更新

文● 正田拓也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
UQ mobileのお店なのにauの看板を併設。auの手続きもできる店が増えている
UQ mobileのお店なのにauの看板を併設。auの手続きもできる店が増えている

 本連載も100回を迎え、あらためて現在のMVNO(仮想移動通信事業)から提供されている格安SIMが本当に格安なのか考えてみたい。

 最近は格安SIMと言えば、いわゆる「サブブランド」といわれるUQ mobile、Y!mobileも含めて言われることが多く、それらでは月額1000円以下で利用できるとうたう販売店も一部で見られる。MVNOの格安SIMもびっくりの安さで利用できる理由はなんだろうか。

サブブランドはメインのブランドと一体化しつつある

 サブブランドと言われるゆえんは、やはりメインのブランドとの関係性から。UQはKDDIグループで、Y!mobileはソフトバンク本体。しかもサービスエリアは同一だ。

 ドコモのネットワークを使うMVNOもサービスエリアは一緒だが、回線の一部を費用を出して借りているだけで資本関係がないところがほとんど。

 そして、最近ではお客の立場からも目に見えて“サブ”ブランド感が感じられる。それは両ブランドの併設店が増えているからだ。

 併設と明らかにうたわなくても、両方のブランドの看板が同じ店で一緒に並んでいたり、両方のブランドの各種手続きができてしまえばそれはお客から見れば併設店も同様だ。

 実際、この連載でも格安SIM、サブブランド、3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の料金比較を何度もしているが、格安SIMがいつでも安いわけではなく、端末購入なども含めると条件次第で3大キャリアのほうが得になることもしばしば。

 それが1つの店で相談すれば、サブブランドかメインブランドか自分にとって有利な回線を選べるのだからお客にとって悪いことではない。

サブブランドの特徴は端末込みの安さ

 サブブランドの料金システムは3大キャリアに似ている。まず、2年契約が原則必須で、更新月付近でないと解約に違約金がかかること。

 そして、基本は無料通話のある音声通話プランとなること。そして、端末購入とセットとなることで端末価格を大きく割り引くということになる。

 また、端末の割引だが、端末購入時に24ヵ月間、毎月の料金から割り引く割引制度があり、端末を分割払いした際の月々の支払い額と毎月の割引を相殺した金額をもって「実質◯×円」とうたうところも3大キャリアと同じ。

 そのため、「実質108円」などという表記が公式ウェブサイトでもなされているところがある。

 なお、端末購入による毎月の割引はドコモが「月々サポート」、auが「毎月割」、ソフトバンクが「月月割」としているが、UQ mobileは「マンスリー割」、Y!mobileは「バリュースタイル・月額割引」という名称で実施している。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン