このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

最新パーツ性能チェック ― 第223回

「Samsung SSD 860 PRO/EVO」は性能が頭打ちの2.5インチSSDに何をもたらすのか?

2018年01月24日 00時01分更新

文● 竹内 亮介 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 新世代のM.2対応SSDは読み書き性能に優れるが、同じ容量の2.5インチSSDと比べるとやや高価だ。Serial ATA 3.0インタフェースによる転送速度の限界で、シーケンシャルリード/ライト性能に頭打ちが来ているとはいえ、ラインアップに大容量モデルを擁し、より低価格で購入しやすい2.5インチSSDの存在感は、まだまだ薄れてはいない。

 サムスン電子が23日に発表した「Samsung SSD 860 PRO」(以下860 PRO)と、「Samsung SSD 860 EVO」(以下860 EVO)は、こうした2.5インチSSDの新モデルである。

新世代のコントローラーを搭載して速度や安全性を高めた860 PROと860 EVO

 どちらも新世代の自社製コントローラー「Samsung MJX」を搭載する。また旧世代の「Samsung SSD 850 PRO」(以下850 PRO)や「Samsung SSD 850 EVO」(以下850 EVO)と比べると、シーケンシャルリード/ライト性能やランダムリード/ライト性能は若干底上げされた。

 メーカーが保証する書き換え可能容量「TBW*」が、旧世代に比べ手飛躍的に改善されたことも特徴の1つである。

* すべての耐久試験結果は、JESD218規格に準拠しております。 詳細については、www.jedec.orgをご覧ください。

3D NAND搭載SSDの新モデル
860 EVOではTurboWriteが進化

 860 PROは、世界で初めて3次元構造NANDフラッシュメモリーを搭載し、2014年7月に発売された850 PROの後継モデルだ。860 EVOも、同じく3次元NANDフラッシュメモリーを搭載した850 EVOの後継モデルとなる。

 860 PROではMLC、860 EVOではTLCのフラッシュメモリーを採用するというのも、850 PROと850 EVOの関係をそのまま引き継いでいる。MLCのフラッシュメモリーは、TLCに比べると読み書き性能と耐久性に優れるという特性があるため、860 PROはストレージの利用頻度が高いヘビーユーザー向け、そして860 EVOは一般的なユーザー向けと考えるとわかりやすいだろう。

 下の表は、新旧モデルの公称スペックを比較したものだ。860 PROと850 PROでは、リード/ライト性能がやや向上しているほか、書き込める総容量を示すTBWが大きく改善していることに注目したい。

 256GBモデルでは150TBW(850 PRO)から300TBWで2倍、2TBモデルに至っては450TBW(850 PRO)から2400TBWと、5倍以上の容量を書き込めるようになっている。こうしたTBWの改善は、860 EVOと850 EVOとの比較でも顕著だ。

Samsung SSD 860 PRO
新モデルSamsung SSD 860 PROシリーズのスペック
  256GB 512GB 1TB 2TB 4TB
コントローラー Samsung MJX
シーケンシャルリード 560MB/秒
シーケンシャルライト 530MB/秒
ランダムリード(4KQD32) 10万IOPS
ランダムライト(4KQD32) 9万IOPS
ランダムリード(4KQD1) 1万1000IOPS
ランダムライト(4KQD1) 4万3000IOPS
キャッシュ容量 512MB 1GB 2GB 4GB
MTBF(平均故障間隔) 200万時間
TBW(書き換え可能容量) 300TBW 600TBW 1200TBW 2400TBW 4800TBW
製品保証 5年間
想定売価 2万3000円 4万1000円 7万3000円 14万4000円 28万8000円
旧モデルとなるSamsung SSD 850 PROシリーズのスペック表
  128GB 256GB 512GB 1TB 2TB
コントローラー Samsung MEX
シーケンシャルリード 550MB/秒
シーケンシャルライト 470MB/秒 520MB/秒
ランダムリード(4KQD32) 10万IOPS
ランダムライト(4KQD32) 9万IOPS
ランダムリード(4KQD1) 1万IOPS
ランダムライト(4KQD1) 3万6000IOPS
キャッシュ容量 256MB 512MB 1GB 2GB
MTBF(平均故障間隔) 200万時間
TBW(書き換え可能容量) 150TBW 300TBW 450TBW
製品保証 10年間
Samsung SSD 860 EVO
新モデルSamsung SSD 860 EVOシリーズのスペック表
  250GB 500GB 1TB 2TB 4TB
コントローラー Samsung MJX
シーケンシャルリード 550MB/秒
シーケンシャルライト 520MB/秒
ランダムリード(4KQD32) 9万8000IOPS
ランダムライト(4KQD32) 9万IOPS
ランダムリード(4KQD1) 1万IOPS
ランダムライト(4KQD1) 4万2000IOPS
キャッシュ容量 512MB 1GB 2GB 4GB
MTBF(平均故障間隔) 150万時間
TBW(書き換え可能容量) 150TBW 300TBW 600TBW 1200TBW 2400TBW
製品保証 5年間
想定売価 1万4000円 2万3000円 5万円 10万4000円 22万8000円
旧モデルとなるSamsung SSD 850 EVOシリーズのスペック
  120GB 250GB 500GB 1TB 2TB 4TB
コントローラー Samsung MGX Samsung MHX
シーケンシャルリード 540MB/秒
シーケンシャルライト 520MB/秒
ランダムリード(4KQD32) 9万4000IOPS 9万7000IOPS 9万8000IOPS
ランダムライト(4KQD32) 8万8000IOPS 9万IOPS
ランダムリード(4KQD1) 1万IOPS
ランダムライト(4KQD1) 3万8000IOPS 4万IOPS
キャッシュ容量 256MB 512MB 1GB 2GB 4GB
MTBF(平均故障間隔) 150万時間
TBW(書き換え可能容量) 75TBW 150TBW 300TBW
製品保証 5年間

 ただ、TLCタイプのフラッシュメモリーはMLCタイプに比べると書き込み性能が劣る。そのため日本サムスンが発売した初のTLC SSDである「Samsung SSD 840 EVO」では、搭載するNANDフラッシュメモリーの一部を疑似SLC特性のバッファ領域として扱い、書き込み性能を向上する「TurboWrite」機能を搭載していた。

 840 EVOの後継である850 EVO、そして今回紹介する860 EVOでも同じ機能を備えるが、860 EVOではさらにこれを強化し、必要に応じてSLCの領域を増減する「Intelligent TurboWrite」機能を搭載する。

 これは標準では数GBの容量を疑似SLC領域として確保するが、それ以上のファイルの書き込みが必要になっても、モデルによって定められた容量を「追加」してバッファ領域として利用できるという機能だ。860 EVOの各モデルにおけるSLC領域と可変領域、書き込み性能は、下記の表にまとめたとおりである。

Intelligent TurboWriteの性能
ドライブ容量   250GB 500GB 1TB 2TB 4TB
TurboWriteのサイズ 標準 3GB 4GB 6GB
可変領域 9GB 18GB 36GB 72GB
最大 12GB 22GB 42GB 78GB
シーケンシャルライト性能 TurboWriteのサイズ以内 520MB/秒
TurboWriteのサイズ以上 300MB/秒 520MB/秒

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中