このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新パーツ性能チェック ― 第145回

コスパが優秀なSamsungの最新SSD「840 EVO」を試す

2013年07月25日 21時01分更新

文● 藤田 忠

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 謎の男ニコルと「Samsung SSD 840」シリーズのキャッシュバックキャンペーン(7月15日で終了)で、今がチャンスとゲットした人も多いだろうSamsung SSDの「840 PRO」と「840」だが、7月18日にその後継となる「840 EVO」が発表された。

「Samsung SSD 840 EVO」

 そんな発表ホヤホヤ「840 EVO」の実機が、さっそく編集部に到着。リード性能は、データセンターなどでの利用も想定した「840 PRO」と遜色ない性能だった一方、ライト性能は120GBモデルで130MB/秒、250GBモデルで250MB/秒と正直今ひとつだった「840」が、「840 EVO」になってどう変わったか、8月の登場前にじっくりチェックしてみよう。

Samsungのコンシューマ向けSSDでは4代目になる「840 EVO」。新たに、750GBと1TBモデルも登場予定だ

840譲りの優秀なコスパを実現!!

 手ごろな価格ながら、リード性能は540MB/秒と最速クラスのパフォーマンスを発揮するとあって人気のある「840」。その直系後継となる「840 EVO」は、安価に大容量&高パフォーマンスを実現するという840シリーズの基本コンセプトを受け継ぎつつ、新技術を採用することで弱点だったライト性能を「840」から最大で3倍も向上させ、「840 PRO」と同じ最大シーケンシャルライト520MB/秒(120GBモデルは410MB/秒)を実現している。

 それでいて価格は「840 PRO」より安価と、抜群のコストパフォーマンスになっている。また、新たに750GBと1TBモデルが追加されている点にも注目だ。

Samsung SSD 840 EVOシリーズ スペック表
容量 120GB 250GB 500GB 750GB 1TB
コントローラー Samsung MEX
シーケンシャルリード 540MB/秒
シーケンシャルライト 410MB/秒 520MB/秒
ランダムリード(4K QD32) 9万4000 IOPS 9万7000 IOPS 9万8000 IOPS
ランダムライト(4K QD32) 3万5000 IOPS 6万6000 IOPS 9万 IOPS
ランダムリード(4K QD1) 1万 IOPS
ランダムライト(4K QD1) 3万3000 IOPS
キャッシュ容量 256MB 512MB 1GB
その他機能 AES 256bit暗号化、Garbage Collection、TRIM、S.M.A.R.T
MTBF(平均故障間隔) 150万時間
外形寸法 69.85(W)×100(D)×6.8(H)mm
製品保証 3年間
予想価格(米国販売価格) 1万1000円前後(109.99ドル) 1万9000円前後(189.99ドル) 3万8000円前後(369.99ドル) 5万4000円前後(529.99ドル) 6万7000円前後(649.99ドル)
Samsung SSD 840シリーズ スペック表
容量 120GB 250GB 500GB
コントローラー Samsung MDX
シーケンシャルリード 530MB/秒 540MB/秒
シーケンシャルライト 130MB/秒 250MB/秒 330MB/秒
ランダムリード(4K QD32) 8万6000 IOPS 9万6000 IOPS 9万8000 IOPS
ランダムライト(4K QD32) 3万2000 IOPS 6万2000 IOPS 7万 IOPS
ランダムリード(4K QD1) 7900 IOPS
ランダムライト(4K QD1) 2万9000 IOPS
キャッシュ容量 256MB 512MB
その他機能 AES 256bit暗号化、Garbage Collection、TRIM、S.M.A.R.T
MTBF(平均故障間隔) 150万時間
外形寸法 69.85(W)×100(D)×7(H)mm
製品保証 3年間
予想価格 8000円前後 1万4000円前後 3万円前後
Samsung SSD 840 PROシリーズ スペック表
容量 128GB 256GB 512GB
コントローラー Samsung MDX
シーケンシャルリード 530MB/秒 540MB/秒
シーケンシャルライト 390MB/秒 520MB/秒
ランダムリード(4K QD32) 9万7000 IOPS 10万 IOPS
ランダムライト(4K QD32) 9万 IOPS
ランダムリード(4K QD1) 9800 IOPS 9900 IOPS
ランダムライト(4K QD1) 3万1000 IOPS
キャッシュ容量 256MB 512MB
その他機能 AES 256bit暗号化、Garbage Collection、TRIM、S.M.A.R.T
MTBF(平均故障間隔) 150万時間
外形寸法 69.85(W)×100(D)×7(H)mm
製品保証 5年間
予想価格 1万3000円前後 2万3000円前後 4万6000円前後
基本デザインは840(写真右)を踏襲しているが、ケースやロゴのカラーは変更。厚さは従来と同じ、7mmでUltrabookの換装にも使用できる

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中