このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

最新パーツ性能チェック ― 第241回

Samsung SSD 860 QVOを最速レビュー、QLC NAND採用

2018年11月28日 00時01分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 【サハロフ佐藤のアキバ定点観測】でも、毎週のように観測されている2.5インチSSD TBモデルの特価品。毎週末の特価に期待できる秋葉原では、ついにメジャーメーカーの1TBモデルが、格安系メーカー品と並ぶ1万7000円割れを記録している。あくまで特価品での一例だが、SSD全体で見ても、容量あたりの単価は順調に下がっている。

 このSSDの低価格化をさらに押し進める新技術が、QLC(Quad-Level Cell) NANDフラッシュメモリーになる。そんなQLC NANDフラッシュメモリーを採用したSSDは、すでにIntelとCrucial(Micron Technology)から発売されているが、新たにSamsungからも同社製QLC NANDと言える「Samsung 4bit MLC V-NAND」採用の2.5インチSSD「SSD 860 QVO」が発表された。

Samsung製QLC NANDと言えるSamsung 4bit MLC V-NANDを採用する「SSD 860 QVO」。QLC採用SSDの2.5インチモデルが初登場

 今回、2.5インチでは先陣を切った形となるQLC採用のSamsung製「SSD 860 QVO」の2TBモデル「MZ-76Q2T0」をいち早く手にできたので、ベンチマークテストを走らせてみた。

おなじみの紙パッケージ。本体色がグレーの「SSD 860 QVO」にあわせてパッケージカラーが変更されている
2.5インチSSDの「SSD 860 QVO」。インターフェースはSATAで厚さは7mm厚になる。写真は2TBモデル「MZ-76Q2T0」だ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中