このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新パーツ性能チェック ― 第170回

ランダムライトが高速化した「Samsung SSD 850 EVO」の性能

2014年12月08日 10時00分更新

文● 石井 英男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サムスン電子は、12月8日に2.5インチSSDの新製品「Samsung SSD 850 EVO」を発表した。製品は12月中旬発売予定としている。

サムスンの新SSD「Samsung SSD 850 EVO」

 「Samsung SSD 850 EVO」(以下850 EVO)は、2013年7月に登場した「Samsung SSD 840 EVO」(以下840 EVO)の後継製品であり、2014年7月1日に発表されたハイエンドSSD「Samsung SSD 850 PRO」(以下850 PRO)と同じく、3次元構造のNANDフラッシュ「3D V-NAND」を採用している。

 こうした3次元NANDフラッシュは、メモリーセルを垂直方向に複数重ねることで、高密度化を実現できることが利点だ。従来は、プロセスルールを縮小して、メモリーセル面積を小さくすることで高密度化を実現してきたが、プロセスルールはすでに十数nmになっており、これ以上の縮小は困難になってきた。

 3D V-NANDのような3次元NANDフラッシュは、フラッシュメモリー高密度化のいわば「切り札」であり、半導体メーカー各社が開発にしのぎを削っている。

Samsung SSD 850 EVOの外観。ボディカラーがグレーからブラックに変わっている

 Samsungは、2013年末に世界で初めて24層の第1世代3D V-NANDの量産を開始し、データセンター用SSDに採用していたが、2014年に32層の第2世代3D V-NANDの量産を開始した。

 850 PROに採用されているのは、この第2世代3D V-NANDだ。今回、発表された850 EVOでも850 PROと同じ32層の第2世代3D V-NANDが採用されているが、850 PROでは、1つのセルに2bitのデータを記録する2bit MLCの3D V-NANDが採用されていたのに対し、850 EVOでは、1つのセルに3bitのデータを記録する3bit MLCの3D V-NANDが採用されている。

 2bit MLCから3bit MLCに変われば、セルの数が同じでも、容量は1.5倍になるわけで、容量あたりのコストは下がる。850 PROは、なによりも性能を重視するプロフェッショナル向けの製品だが、850 EVOは、コストパフォーマンスを重視するメインストリーム向けの製品となる。

新型コントローラー「Samsung MGX」を搭載

 850 EVOは、2.5インチフォームファクターのシリアルATA 6Gbps対応製品であり、厚さは6.8mmとスリムだ。製品のデザインは、前モデルの840 EVOとよく似ているが、ボディカラーがグレーからブラックに変わっており、Samsungロゴや「Solid State Drive」と書かれている文字の色も変更されている。

左がSamsung SSD 850 EVO。右がSamsung SSD 840 EVO

 850 EVOは、120GB、250GB、500GB、1TBの4モデルが用意されている。840 EVOでは、750GBモデルも用意されていたが、850 EVOでは750GBモデルは省略されている。

Samsung SSD 850 EVOの内部。基板サイズはケースの半分以下

 Samsung製SSDは、自社開発のコントローラーを採用していることもウリのひとつだが、 850 EVOでは、120/250/500GBモデルは新型の「Samsung MGX」、1TBモデルは850 PROや840 EVOと同じ「Samsung MEX」を搭載している。

「850 EVO」の500GBモデルの基板。840 EVOでは基板片面に計4個のNANDフラッシュメモリーを搭載していたが、850 EVOでは両面に2個づつ搭載している。そのため基板サイズが840 EVOよりさらに小さくなっている
こちらは「840 EVO」の基板。フラッシュメモリーが片面実装なのがわかる

 Samsung MGXは、トリプルコアを搭載したSamsung MEXの改良版であり、2015年に登場が予定されている第3世代の3D V-NANDをサポートするが、それ以外のスペックはSamsung MEXとほぼ同等だ。

 キャッシュメモリー」は、120GBモデルが256MB、250GB/500GBモデルが512MB、1TBモデルが1GBと大容量であり、Samsung製のDRAMが搭載されている。

120/250/500GBモデルに搭載されている新型コントローラー「Samsung MGX」

→次のページヘ続く (840 EVOよりランダムライト性能が向上

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中