このページの本文へ

2020年度には1100億円規模に成長と予測

インシュアテック(保険×IT)は2020年には1100億円規模に

2017年08月22日 16時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
国内のインシュアテック市場予測(矢野経済研究所)

 矢野経済研究所の調査によると、国内のインシュアテック市場は拡大しつつあり、とくにAIなどを活用した健康増進型保険や疾病管理プログラムの成長が見込めるという。

 インシュアテックは、保険(Insurance)と技術(Technology)を組み合わせた造語で、保険業務の効率化や保険金給付、さらには各種情報を用いた健康診断サービスなどを含めた市場動向であり、従来にはない保険商品やサービスが期待されている。

 調査結果では、2016年度の国内インシュアテック市場規模は売上高ベースで約460億円。とくにAIを活用した業務効率化・高度化が進められている点が注目される。2017年度以降としては、さらに業務効率化の進行とともに健康増進型保険や疾病管理プログラムが広がると見ており、ウェアラブルデバイスやスマホアプリを用いたサービス開発に拍車がかかると考えられるという。

 また、インシュアテック市場への参入が期待されているベンチャー企業の支援・育成体制、医療系データの利用制限などが今度の課題となるとしている。今後のインシュアテック市場拡大には業界全体の働きかけが必要となるだろう。

 今後、インシュアテック市場は順調に成長して2017年度には500億円、2020年度には1100億円規模となると予測。矢野経済研究所では、健康増進プログラムなどさまざまなサービスを通じ、保険会社はこれまでの単に保険金を支払うという位置付けから加入者の健康を支援するパートナーとしての立ち位置になることが期待されるという。

カテゴリートップへ

新生avenu jam開設に寄せて

「avenue jam」特別対談