このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

X299マザー+Optane Memoryは4Kゲーム録画の救世主

Optane Memoryと組み合わせるならGIGABYTE製マザーがベストバイ

2017年08月10日 11時00分更新

文● 加藤 勝明 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ゲーミングPCでテラバイト級の高速ストレージが欲しいなら
HDD+Optane Memoryは良い選択

今回試したのはOptane Memoryの16GBモデル。32GBモデルもあるが、16GBモデルでもその効果は実感できた

 筆者はOptane Memoryを先行レビューした際は、セットアップが面倒なこともあり、非常に微妙な印象しかなかった。だが今回ゲーミングPC用のテラバイト級のストレージという用途でOptane Memoryを使ってみて、ゲームの容量と録画データの肥大化に悩んでいるユーザーにはかなり使えるソリューションだと感じた。

 今回試したOptane Memoryは16GBと容量の少ない方のモデルだったが、4つのゲームを順繰りに起動し、OS再起動を挟んでも効果が得られることが確認できたのがなにより大きい。

 いつ、どんな状態でも速いSSDには負けるのは確かだが、決まったアプリやゲームを起動することの多い人なら、Optane Memoryはかなり強力な助っ人となることだろう。

Optane Memoryと組み合わせるX299マザーは
プレイ動画配信に適した機能を有するGIGABYTE製がベスト

 Optane Memoryはベストバイというより、マストバイだ。それではそのOptane Memoryを取り付けるマザーボードは、どれがいいのだろうか? それは、今回検証で使用したGIGABYTE「X299 AORUS GAMING 3」がやはりベストバイとなる。

Optane Memoryと組み合わせるX299マザーは、ゲーマーに必要な機能を備えつつ比較的安価なGIGABYTE「X299 AORUS GAMING 3」をベストバイとしてオススメしたい

 オンラインゲームと動画配信に欠かせないネットワーク機能は、安定性に定評があるインテル製ギガビットLANを採用。しかも、混雑したLAN環境での応答性を向上させるネットワークトラフィック管理アプリケーション「cFosSpeed」を備えている。

 ほかにも、PCI Expressスロットの剛性を高める「Ultra Durable PCIe Armor」が重量級のビデオカードをガッチリと保持するなど、ゲーマーが必要とする機能を満載している。そして、Optane Memoryを正式サポートしているのも大きなポイントだ。

「X299 AORUS GAMING 3」は、Optane Memoryを正式サポートするがポイント!
「X299 AORUS GAMING 3」には、ブルーバックなしで配信背景を合成できるソフト「TriDef SmartCam」の1ヵ月無料ライセンスが同梱されている。ゲーム実況配信向けのソフトが同梱されているのも、同マザーをベストバイに選んだ理由のひとつでもある

 次世代のユーチューバーやゲーム実況者を目指す人は、X299マザーとOptane Memoryで超高画質ゲーム録画PCを構築し、ゲームをプレイしながらストレスなく同時録画できる環境を手に入れよう。

 Optane Memoryを使えば、ゲームのロード時間も短縮できるので、ゲームロード中に視聴者を待たせたり、実況者が雑談で場をつなぐことも減少するはずだ。

【関連サイト】

【取材協力】

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中