このページの本文へ

X299マザー+Optane Memoryは4Kゲーム録画の救世主

4Kゲーム録画に求められるPC環境とは?

2017年08月10日 11時00分更新

文● 加藤 勝明 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シングルとマルチコア両方求めるならX299

 Optane MemoryはM.2スロットに装着するSSDのような形状をしているが、本来意図された働き、すなわちストレージの高速化キャッシュとして利用するには条件がある。

 一番の障壁はインテル200シリーズチップセットであることだが、Core Xシリーズ用となるX299チップセットなら問題なく利用できる。メインストリーム向けのZ270チップセットなどでも使えるが、X299ではシングルコアもマルチコアも速いCore i9(それなりに値は張るが……)が利用できることと、後発なのでBIOSの対応可否を考えなくてもよいことが長所として挙げられる。

シングルスレッドでもマルチスレッド両方の速度を重視するゲーマー垂涎のCPUといえば「Core i9-7900X」。今回はES版で検証した

 そこで今回の検証環境はX299マザーにCore i9-7900Xを中心にしたパーツ構成を考えてみた。Optane Memoryを組み合わせるHDDは回転数により性能に違いが出るかを調べるために5400回転と7200回転の4TBモデルを用意、さらに比較対象として定番のSATA SSDを準備した。

 4K&高画質設定のゲームプレー動画を録画する前提なのでビデオカードはGTX 1080Tiを選択している。CPUとビデオカードに予算を吸い取られてストレージ予算を削らざるを得ない作例として考えて頂ければ幸いだ。

テスト環境
CPU Intel「Core i9-7900X」(3.3GHz、最大4.3GHz)
マザーボード GIGABYTE「X299 AORUS GAMING 3」(Intel X299)
メモリー 「GX4M2A2666C16R」(DDR4-2666 8GB×4)
ビデオカード GIGABYTE「GV-N108TAORUS X-11GD」(GeForce GTX 1080Ti)
ストレージ Intel「MEMPEK1W016GAXT」(Optane Memory、16GB)
ウエスタンデジタル「WD40EZRZ」(HDD 5400rpm、4TB)
東芝「MD04ACA400」(HDD 7200rpm、4TB)
Crucial「CT1050MX300SSD3/JP」(M.2 SATA SSD、1050GB)
「CT525MX300SSD1」(SATA SSD、525GB)
CPUクーラー CRYORIG「A40」(簡易水冷、240mmラジエーター)
電源ユニット Silverstone「ST85F-PT」(850W、80PLUS Platinum)
OS Windows 10 Pro 64bit版(Creators Uptade)
今回使用したマザー「X299 AORUS GAMING 3」。Core Xシリーズはマザーも高価なものが多いが、これは実売4万円前後と比較的安め
ソケットはLGA2066。大電力を消費するCore Xシリーズを養うために12フェーズ分のコンデンサーが並んでいるのが見える。メモリースロットは基板の反りを防ぐためにスチールで補強済みだOptane MemoryはM.2スロットに装着する。スロットは2本あるが、今回はビデオカードに覆われないCPU直下のスロットを使用した
PCI-Express x16スロットは5本。うち1本はx8、2本はx4接続となっている。スチールで強化されたx16スロットはフルカラーLEDも組み込まれている。Core i9-7900Xを組み込んだ場合(写真左から)1・3・5本目のスロットを使い最大3-WayのマルチGPU環境(x16/x16/x8接続)が構築できる高音質サウンドはこの手のマザーのお約束装備だが、X299 AORUS GAMING 3ではWIMA(ヴィマ)社のフィルムコンデンサー(赤く見える部材)を採用している点に注目
ビデオカードはGTX 1080Tiを大型クーラーで冷却する「GV-N108TAORUS X-11GD」とした。段違いに配置されているトリプルファンが印象的特に熱くなりやすいGPUの裏側は銅板を配置し放熱性を高めている
DisplayPort3基にHDMI2基+DVI1基という通常ではあり得ない映像出力端子構成だが、枠で囲まれた2つの端子は排他利用になっている。HDMI出力をVRヘッドセットなどで消費しても、HDMI液晶用にもう1基HDMI出力を回せるのはありがたい

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中