このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

COMPUTEX TAIPEI 2017レポート第34回

美人コンパニオン&プロゲーマーも体験!COMPUTEXで見たVIVEを使ったVR体験の数々

2017年06月03日 13時30分更新

文● ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今年のCOMPUTEX TAIPEI 2017では、5つのテーマーが掲げられているが、そのひとつが「ゲーミング&VR」だ。COMPUTEXでは、小型なモノからノート型、液晶一体型まで、幅広い形状のVR対応PCが発表されている。

 そうなると、当然各会場では、そのPC+VRのデモが多数行なわれている。その中で、最も多く使われていたのがHTCのVIVEだ。国内を見てもVIVEは、全国の一部BTO PC販売店でのデモ体験をネットから予約できたり、渋谷にある「VR PARK TOKYO」などのVR体験施設での導入も相次いで始まっているなど、もはや施設用途としては、他の追随を許さないほど利用されている。

 PC用途としては既報のインテルの基調講演にて「WiGig」を使ったVIVEの無線接続デモが行なわれており、5月に行なわれたGoogle I/OでHTCは、Daydream準拠であるスタンドアロンのヘッドマウントディスプレー(HMD)のパートナーとして紹介されるなど、OS、ハードウェア問わず他社の一歩先を行く様相を見せている。

インテル基調講演のVIVEの無線接続デモ。VIVEを使って、弓を射るコンテンツを無線で体験

 もちろん、既に記事を掲載しているAcerのMRHMDや、Oculus Rift、スマホ用のVRヘッドセットもないわけではないのだが、特にVIVEはデモが多かったので、まずはCOMPUTEXで見つけたVIVEのデモのみでまとめていきたい。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事