このページの本文へ

MoguraVRのゲームとって出し第37回

VR爽快アクションゲーム!

見上げるほどの巨大な敵を剣と銃で討伐する「TITAN SLAYER」

2017年05月29日 15時30分更新

文● やましん/Mogura VR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回紹介するのはVRコンテンツを多く手がけてきたCOLOPL, Inc.の最新作、「TITAN SLAYER」。迫りくる巨大なモンスターたちを剣や銃で倒していくファンタジーアクションゲームだ。COLOPL, Inc.のVRゲーム中でも非常に完成度の高い作品になっている。

 プレイヤーは移動はできず、その場で敵を迎撃する。大型の敵が迫ってくる姿は非常に迫力があり、敵が近くまで来ないと剣で攻撃できないため緊張感のあるプレイも体験できる。

 銃を装備すれば遠くにいる敵を攻撃できるが、剣ほどの攻撃力はなく銃だけでプレイするのは少し骨が折れるだろう。

 ステージはいくつか用意されており、さまざまなシチュエーションでプレイでき、敵の種類もステージに応じて変わっていく。各種類の敵に対して別の対応手段を考える必要があるため難易度も上がっていく。

 ボスキャラは見上げるほど巨大で、その大きさが体感できるのもVRならではといえる。攻撃もすさまじく、避けるだけで精いっぱいだ。

 攻撃を回避するには、しゃがんだりプレイエリアの端に行ったりと自分の体を大きく動かす必要がある。その動作だけでも大物と戦っている感覚が楽しめる。

 最後のボスはどう攻撃していいかわからないほど巨大だ。銃で攻略する方法もあるが、もちろん剣でも倒せる。弱点さえ見つけてしまえばボスを倒すのは難しくない。

 非常にアクション性豊かで普段運動していない人はすぐに疲れ果ててしまうだろう。武器を選択できる自由度はアクションゲーム好きのユーザーからすると非常にうれしい。難易度も3種類あり、ランキングシステムもあるためやり込み要素も高い。

 しかし、ステージが3種類しかなく、敵の種類も多いとは言えない。そのため攻略法を見つけてしまうとルーチンワークになってしまう。また、銃も数種類あるがそれぞれであまり効果に差がないのも気になった。

 日本語に対応しているVRアクションゲームは珍しいが、ほかのゲームと比較しても1280円では少し割高感が出ている。剣と銃の両方で戦えるプレイスタイルを体験したい方にはオススメだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事