このページの本文へ

5GHz OCに挑戦したら、結果的に後輩にCore i3-7350Kをおかわりさせることになった話

2017年03月27日 20時00分更新

文● ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 どもどもジサトライッペイです。

 3月25日(土)にグッドウィル豊田店で開催した「ジサトラ出張in豊田」にお越しのみなさま、並びにご視聴いただいたみなさま。誠にありがとうございました。

簡易水冷PCを30分早組み自作&Core i3-7350Kの5GHz OCに挑戦

 Core i3-7350Kを中心にオーバークロック(OC)できる光モノ水冷PCの生自作と、5GHzを目指すリアルタイムOC実況をお届けしました。前者は見事ジサトラのフレッシュスムージーこと新レギュラーのショータが30分以内に作り上げ、大成功しました。応援して下さった皆様に感謝です。後者は……、頑張りましたが結果は惜しくも放送時間内の5GHz OCは叶いませんでした。あとほんのちょっとって感じだったんですけどね。

 というわけで、今回はそんな「ジサトラ出張in豊田」レポートです。写真を中心に振り返ってみたいと思います。

今回のジサトラ出張はグッドウィル豊田店(〒471-0841 愛知県豊田市深田町1丁目2-1)で開催。自作PCパーツはもちろん、工具なども充実している良いお店でした。
放送の前説。たくさんのお客さんに来ていただいたんですが、豊田市の方以外にも愛知県の各所からいらしゃってくださいました。ありがたいことこの上ありません。
2017年の新シリーズ第1弾、しかも3ヵ月ぶりの出張放送ということで、だいぶ緊張しておりましたので、放送開始直後から早くも深呼吸タイム。
まずは今回OCするCore i3-7350KがどういったCPUなのかを解説するパート。CPUの型番の意味などを解説しました。Xは英語でわかりづらいよーという方は「いっちゃんすごいやつ」と覚えてください。その理解でほぼ合ってます。
OCしたことがない人のためにメリットとデメリットを解説。まあ、正直メーカーサポート外の自己責任行為なので、デメリットが多いように見えちゃいますが、OCは漢のロマンなので多少ワイルドな行為であるとご認識ください。
ショータの水冷自作パート。簡易水冷クーラーとはいえ、「30分以内に組め」ってのはかなり無茶な要求でしたが、驚くべきスピードで丁寧に組んでいくショータ。
見事時間内に組み上げたショータ。さすがです。今回の構成はASUSのLED制御機能「AURA SYNC」に対応したPCパーツをふんだんに盛り込んでおりましたが、やっぱりド派手でいいですねー。

 なお、放送中でショータが組んだPCは視聴者プレゼントになります。下記からご応募ください。応募期限は3月28日23時59分までなのでお早めにどうぞ。

ジサトラin豊田 ニコ生視聴者プレゼント
https://ascii.jp/elem/000/001/445/1445987/
応募締め切り:2017年3月28日23時59分
※番組に出てくるキーワードが必ず必要です。
※賞品の発送は2017年4月上旬~4月下旬を予定しております。

後半戦はいよいよOCパート。自作パートと同じ構成で事前に僕が組んでOSやソフトなどを突っ込んだ自作PCでトライしました。OCではトラブルがつきものということで、病院風なコスプレです。まあ、壊れても直せないんですけどね……。
期待の倍率ロックフリーCPU、Core i3-7350KのOCということでのっけから攻め気たっぷりで設定→ブルースクリーンの連続。まあ、ブルースクリーンが出ているうちは大丈夫大丈夫(たぶん)。
だんだんと目標の5GHzに近づくにつれ、挙動が不安定になっていくCore i3-7350K。なのに、一気に5.2GHzに挑戦することに。ニコ生アンケートで電圧を決め(Vcore+0.7V)、無謀な賭けに出た我々。
案の定。マシンは落ちて、デフォルトよりもちょっとアイドルの温度が上がってしまったCore i3-7350K。もうここからのOCは無理だと判断したところで、ジサトラのボス、カクッチからのアドバイスがあると言うつばさ。開いてみるとそこには「おかわり」と身もふたもないことが書かれておりました。あれ?これひょっとして僕が自腹の流れ?
と思いきや、誰が自腹で払うかはルーレットで決めるとの指示がADカンペに。いいじゃない。スタッフの僕へのあたりが去年よりも優しいじゃない。
ルーレットで誰がおかわりするか決めるための前準備で、ルーレットの確率を決めるニコ生アンケートをやりました。1はまあ均等割で、可能性はわりと平等。2はつばさが60%と結構高めの確率です。3はショータが50%と高めですが、まあ優しめですな。4は僕が90%と「いやこれルーレット回すまでもないよね?」って確率です。やっぱりうちのスタッフは今年も僕に対してドSでした。
そしてニコ生アンケートの結果がこちら。大方の予想を裏切り、なんとつばさが60%の確率になるルーレット設定に決定。視聴者はだいぶ僕に優しくなったようですな。
どえらいことになったしまったつばさ。そして、笑いが止まらない僕。デジデジ90だとなかなか新鮮な光景かと思います。
ルーレットはこちらのiOSアプリで行ないました。いざ円グラフで見てみると60%って結構広いですね。負ける気がしません。
で、結果はこちら。高回転で回り出したルーレットは当然のようにつばさのところで止まりました。
そして、なんの遊びもない非情なルーレットに思わずこの顔です。
つばさの気持ちは痛いほどわかりますが、僕は爆笑してました。えへへ。
そして後輩のショータも爆笑してました。まあそりゃあんな止まり方したら絶対笑いますな。
自分の財布をADから渡され、ガチで買いにいかされるつばさ。CPUグリスもThermal Grizzlyの「Kryonaut」という高級なモノを買わされ、Core i3-7350Kと合わせて2万6000円ぐらいの出費に。つばさ後輩ごちになりまーす!
つばさのおかわりCore i3-7350Kで最後の挑戦。最初の個体よりもデフォルトのVcoreは高めでしたが、高クロックになるにしたがって割と優秀な奴であることがわかり、当初の目標通り5GHzに挑戦。祈るような気持でCINEBENCH R15の画面を見つめながら応援します。なお、AURA SYNCのLED設定はCPU温度にしていました。60℃以上だと赤になるんですが、やはり水冷でも5GHz付近になると頑張っているときは真っ赤です。
しかし、我々の祈りは届かずCINEBENCH R15完走目前でB・S・O・D。いやー、でももう少し電圧盛ればいけたなこれ。

 というわけで、結果は惜しくも5GHzに届きませんでしたがOCの楽しさが十二分にわかっていただけたかなと思います。早組みの新星ショータに、2017年しょっぱなからOCおかわりというかなりマニアックな領域に踏み込んでしまったつばさ。後輩がこうやってぐんぐんレベルアップしているのを見られて、先輩としてはすごく満足した放送でした。今年もジサトラは張り切って、自作PC普及のため、全国を駆け回ります!

 なお、放送でもお伝えしましたが、今年の予定が早くも決まりました! みなさまにお会いできるのを楽しみしております!

2017年6月24日(土)は福岡県で開催予定です。ジサトラ出張では九州初上陸ですね。
2017年8月26日(土)は福島県。昨年の宮城県仙台市に続いて、夏は東北を攻めます。
2017年10月21日(土)は大阪府。西の自作erの本拠地、大阪でもジサトラスタイルでかまします。
2017年11月25日(土)は沖縄県。僕だけ完全にバカンス気分に見える画像ですが、2017年シーズン最後の締めくくりになる予定なのでびしっと決めたいと思います。

■関連サイト
グッドウィル 豊田店
ユニットコム ジサトラ全国出張シリーズ
ASUS AURA SYNC

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中