このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

限りなく柔らかそうなHカップの橘花 凛、「非現実的で夢のある物語」に挑戦!

2017年02月08日 19時00分更新

文● 清水、編集●オオタ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 92cm・Hカップの柔らかバストで活躍する橘花 凛(たちばな・りん)さんが、9th Blu-ray&DVD「お願い!プリンセス」(発売:ラインコミュニケーションズ/両方とも4104円)の発売記念イベントを2月5日、秋葉原のソフマップアミューズメント館で行なった。

 昨年からはグラビアだけでなく、舞台などにも取り組んできた橘花さん。1月にも多数のアイドルが起用された舞台「46億年ゼミ」で主演を経験した。いま26歳なので、グラビアもまだまだいけると思うが、ほかの領域へも活動の幅を広げているところだ。今作は11月に沖縄で撮影されたもの。

――タイトルから推察するに、今回はお姫様という設定?

【橘花 凛】彼に甘えた感じの女の子を演じました。途中で男の子と入れ替わっちゃうというシーンも……。それに戸惑ったりもしていて、ちょっと非現実的な、夢のある物語になっています。

――おすすめしたいのは?

【橘花 凛】猫の格好をしているところです。人の容姿を残しつつ、猫になって甘えている映像で、ファンの方にも好評をいただいたので見てほしいです。

――セクシーなのは?

【橘花 凛】紫と黒の、ボンテージ風の格好をしたシーン。妖艶な雰囲気のあるライトの下で、Sっぽい感じで撮りました。

 今年は演技の方面にも力を入れ、「役を演じることで、ふだんと違う自分を見てみたい」と語る橘花さんだが、グラビア活動のほうも絶好調。写真集「凛として」を発売したばかりで、2月25日に秋葉原の書泉ブックタワーで16時から、サイン会が開催される。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社