このページの本文へ

Windows情報局ななふぉ出張所第63回

2017年は手持ち機材をUSB Type-Cに統一していきたい

2017年01月04日 12時00分更新

文● 山口健太 編集●KONOSU

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 新型MacBook Proを修理に出したものの残念ながら年内には修理が終わらず、受け取れないまま筆者は年を越し、「CES 2017」取材のため米国に来てしまいました(前回の話)。

 とはいえ、CES 2017では間違いなくUSB Type-Cが大きなテーマになることから、12型のMacBookを仕事用マシンとして急遽抜擢することにしました。

2017年は手持ち機材をUSB Type-Cに統一していきたい
年末の秋葉原で、2016年モデルの状態の良い中古品が税込み10万円というセールを発見。衝動的に買ってしまった。

CES 2017の注目キーワードでもある「USB Type-C」

 筆者の手元にもUSB Type-Cのアダプターやケーブルは増えていますが、1月5日からラスベガスで始まるCESでもUSB Type-Cは注目分野のひとつです。

 ディスプレー関連では、USB Type-CではDisplayPortやHDMIの信号をそのまま送ることのできる「Alternate Mode」が注目されています。従来のUSBディスプレーが専用のグラフィックチップを経由していたのに対し、PC本体から直接出力して使えるようになるからです。

 また、EIZOの「FlexScan EV2780」のようにUSB Type-Cでディスプレー信号を送りつつ、同じケーブルでノートPCの給電もできるディスプレーも登場しています。出張先で使えるモバイルディスプレーの進化にも期待できます。

2017年は手持ち機材をUSB Type-Cに統一していきたい
筆者も使っているGeChicの「On-Lap 1502I」。11月に発売された後継モデル「1503H」では、USBの電源ポートにUSB Type-Cを採用した。

サブマシンをMacBook Airから12型MacBookに交代

 このUSB Type-Cのビッグウェーブに備え、筆者もサブマシンをMacBook Airから12型MacBookに置き換えることにしました。MacBook Air自体はまだまだ現役で活躍できる性能があるものの、新型MacBook Proとの2台持ちでは電源アダプターやUSBコネクターの違いが問題です。自宅と仕事場、旅先で同じ環境を揃えようとすると、無駄が多くなります。

 MacBookだけでなく、Windows PCでもUSB Type-Cの採用は続々と増えています。今後は手持ちの機材をなるべくUSB Type-Cに統一する方向で揃えていくのが、正しい方向性になると考えます。

2017年は手持ち機材をUSB Type-Cに統一していきたい
新型MacBook Proと12型MacBookなら、純正の電源アダプターやAnkerの「PowerPort+ 5」を使い回せる。
2017年は手持ち機材をUSB Type-Cに統一していきたい
登場時は「薄すぎる」と感じた12型MacBookのキーボードだが、新型MacBook Proに慣れた今となっては、普通に打てるのが不思議だ。

 12型MacBookは全体的にパフォーマンスが低く、作業のテンポが悪くなる感は否めません。しかし冬場ということもあって発熱はあまり気にならず、新型MacBook Proの代役としてラスベガスで活躍しています。

次に欲しいのは「USB Type-Cハブ」

 レノボが2016年末に発表したThunderbolt 3やUSB Type-Cに対応したドッキングステーションのように、従来型のインターフェイスとの橋渡しになる周辺機器はかなり充実してきました。

2017年は手持ち機材をUSB Type-Cに統一していきたい
レノボが発表した「ThinkPad Thunderbolt 3ドック」。別のモデルとしてUSB Type-Cドックも同時に発表した。

 ただ、12型MacBookにはUSB Type-Cが1ポートしかありません。新型MacBook Proのようにホスト側をUSB Type-Cに統一するためには、USB Type-Cポートを複数備えたUSBハブがほしいところです。

2017年は手持ち機材をUSB Type-Cに統一していきたい
次は複数のUSB Type-Cデバイスを使うためのハブがほしい。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART