このページの本文へ

CENTURY「Terminal C」

USB Type-C搭載ノートPCに最適なドッキングステーションが発売

2017年02月25日 23時26分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 センチュリーから、MacBookをはじめとしたUSB Type-C搭載ノートPCの拡張性を向上させるドッキングステーション「Terminal C」(型番:CTCD-U3HDCR)が発売された。

MacBookをはじめとしたUSB Type-C搭載ノートPCの拡張性を向上させるドッキングステーション「Terminal C」

 「Terminal C」は、サイズが79(W)×79(D)×15(H)mm、重量が70gの本体にUSB 3.0×2、HDMI(4K出力対応)×1、SDカードリーダー(UHS-Ⅱ対応)×1を搭載するドッキングステーション。給電用ポートも実装されるため、ノートPCを充電しつつ周辺機器を使用できる。

本体にUSB 3.0×2、HDMI(4K出力対応)×1、SDカードリーダー(UHS-Ⅱ対応)×1を搭載する

 対応OSはWindows 10、Mac OS X 10.12.2/10.11.6/10.10.5。インターフェースカード経由の動作およびUSB Power Delivery非対応のPCはサポート対象外。対応ノートPCとしてUSB Type-C (USB-C) ポートを標準搭載したMacBook (2015/2016) 、MacBook(2016)。また、Thunderbolt3/DisplayPort1.2機能を有したUSB Type-Cポートを標準搭載したWindows PCとしている。

 価格は7980円。パソコンショップアークや東映ランドで販売中だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中