このページの本文へ

LGエレクトロニクス「24UD58-B」

3万5000円を切る安価な23.8インチ4K液晶が発売

2016年09月27日 23時44分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 LGエレクトロニクスから、23.8インチIPS 4K液晶ディスプレー「24UD58-B」がデビュー。販売価格が3万5000円を切る安価な4K液晶として注目を集めている。

販売価格が3万5000円を切る23.8インチIPS 4K液晶ディスプレイ「24UD58-B」

 「24UD58-B」は、高精細IPSパネルを採用した4K(3840×2160ドット)液晶ディスプレーのエントリーモデルとして価格を抑えたのが特徴。HDMI2.0に準拠する4K/60Hz出力に対応したHDMI端子を2ポート搭載。

 また、4K映像コンテンツの視聴には必須となるHDCP2.2にも対応する。そのほか、DisplayPort端子を1ポート実装し、合計3つのポートで4K/60Hzの映像環境に対応する。

どの角度から見ても色変化が少なく、発色が鮮やかで自然な色合いを表示できるIPSパネルを採用する

 AMDの画面同期技術である「FreeSync」対応するほか、暗いシーンの視認性を高める「ブラックスタビライザー」やジャンルに合わせて適したモードを設定できる3つのプリセット(FPS1モード/FPS2モード/RTSモード)を搭載。通常のカラー設定以外に、ゲーム専用のカラー設定が1つ保存することもできる。

 さらに、低解像度の映像をアップコンバートして高解像度で表示する超解像技術「SUPER Resolution+」。ブルーライトを低減する「ブルーライト低減モード」、フリッカーを抑制する「フリッカーセーフ」などの保護機能も備える。

インターフェースはDisplayPort×1、HDMI×2、イヤホンジャック×1。スタンドは半円形のクレセントデザインによる「アークラインスタンド」を採用している

 主なスペックは、輝度250cd/m2、コントラスト比1000:1、表示色約10.7億色、画素ピッチ0.1369×0.1369mm、視野角水平178度/垂直178度、応答速度5ms(GTG)。インターフェースはDisplayPort×1、HDMI×2、イヤホンジャック×1。サイズは554(W)×202(D)×421(H)mmで、重量は4kg。

 価格はパソコン工房秋葉原BUYMORE店で3万4970円、ドスパラ パーツ館で3万4980円だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中