このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

RX480×2がDirectX12環境でGTX 1080超え!

DirectX12とVulukanに強いRADEON RX480の実力を再チェック!

2016年09月23日 17時00分更新

文● 加藤勝明 編集●ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Polaris 10アーキテクチャ採用GPU第1段がこのRADEON RX480。RADEON系の弱点であった消費電力の高さが改善されたばかりでなく、Async Shaderまわりのポテンシャルも高い

 PCで遊ぶゲームを快適にするにはどんなグラフィックボード(GPU)を買えばよいのだろうか? 「自分が買える一番高性能のものを買う」というのが王道の答えだが、実際はグラフィックボードばかりに投資してもいられない。つまり大多数の人にとっては、前述の問いは「程々の値段で高性能なものはどれだ?」という問いに置き換わる。

 現状のGPUの布陣、および重めのゲームをフルHD環境で遊ぶことを考慮すると、実売3万円台のミドルクラスGPUが狙い目だ。特に今ビデオカード市場でシェアを伸ばしているのが、AMDの最新アーキテクチャー「Polaris 10」を使用した「RADEON RX480」だろう。

 RX480の基本的な解説や性能の評価は(「Radeon RX 480」は迷えるゲーマーを導く極星となるか?)を参照して欲しいが、Polarisアーキテクチャーの真価を引き出すには、ゲーム側の最適化が欠かせない。特にRADEONの武器である非同期シェーダー(Async Shader)や、DirectX12やVulkanといった次世代APIは、RADEONとの相性が良いとAMDは謳っている。

 そこで今回は、Async Shaderを使用したゲームの中でも、Vulkanに対応したハイペースFPSゲーム「DOOM」を使用して、RX480はどのようなふるまいを見せるかを検証してみたい。

FPS黎明期の名作を今風のグラフィックとシステムで見事復活させた「DOOM」。次から次へと襲いかかるデーモンを片っ端から倒しまくるスピード感が最高だ
DOOMでVulkanを利用するには、画質設定の「詳細」で切り替える。DirextX11に対する12と同様に、OpenGLからVulkanにすることで負荷が減り、パフォーマンス向上が期待できるのだ

前へ 1 2 3 4 次へ