このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

小型筐体「iiyama PC LEVEL∞」C-Classのパワーを探る

Radeon RX 480搭載、「Lev-C017-LCi7-UZS」の性能をベンチでチェック

2016年10月27日 10時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Lev-C017-LCi7-UZS」

 ユニットコムが展開するゲーミングPCブランド「iiyama PC LEVEL∞」の「C-Class」シリーズは、コンパクトな筐体と拡張性が魅力だ。その1製品として、AMD Polaris 10ベースのGPU「AMD Radeon RX 480」(8GB)を採用している「Lev-C017-LCi7-UZS」がある。

ユニットコムが展開するゲーミングブランド「iiyama PC LEVEL∞」の「C-Class」シリーズ。今回紹介するのは、AMD PolarisベースのGPU「AMD Radeon RX 480」(8GB)を採用している「Lev-C017-LCi7-UZS」
電源ボタンやフロントのUSB 3.0端子は、正面から見えない場所に配置されている
ディスプレー用のインターフェースとしては、4K/60HzやHDRに対応するHDMI 2.0b端子とDisplay Port 1.3をサポートするほか、DisplayPort 1.4にも対応している
内部パネルを開けた状態。標準内蔵の水冷CPUクーラーは、冷却液の補充が必要ないメンテナンス・フリータイプ。12cmサイズの冷却ファンと組み合わせている

 RADEON RX 480は、ビデオカードユーザーの中で8割以上を占めるというミドルクラス市場がターゲットの製品(AMDは、300ドル以上のGPUを搭載したPCは約16%、残りの約84%は100~300ドルのGPUを利用としている)。とりわけ、HD7000シリーズなどの旧世代GPUユーザーには魅力あるものとなっているといえるだろう。ディスプレー用のインターフェースとしては、4K/60HzやHDRに対応するHDMI 2.0b端子、DisplayPort 1.4を採用しているため、これら最新規格対応の液晶ディスプレーと組み合わせやすい。

 Radeon RX 480のポイントとしては、画面同期技術「FreeSync」もある。FreeSyncは、リフレッシュレート可変を可能にする仕組みをディスプレーに追加することで、ティアリングやスッタタリングをなくし滑らかに映像を表示する技術だ。

 FreeSync対応ディスプレーも必要となるため、パソコン工房のウェブ通販サイトでマシンを購入する場合は、オプションで追加するといい。滑らかで美しい映像でゲームをプレイしたいなら、FreeSync対応ディスプレーも手に入れて楽しんでほしい。

 またRadeon RX 480は、24p(毎秒24コマ)のアニメや映画を60Hz駆動の液晶ディスプレーなどでも滑らかに表示する技術「Fluid Motion」も採用している。簡単にいえば、Blu-ray Disc版のアニメ作品をPC上でより美しく滑らかに再生するもので、予想以上の効果で驚かされる。アニメをはじめ、BDコンテンツ視聴環境としてPCを考えているなら、Radeon RX 480はチェックしておきたい。

 なお、Lev-C017-LCi7-UZSは、BTOカスタマイズの選択肢に内蔵型BDドライブがないため(DVDスーパーマルチドライブを標準搭載)、外付けタイプのBDドライブと、Fluid Motionに対応するプレーヤーソフト「PowerDVD」が必要になる。

前へ 1 2 次へ