このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

最新パーツ性能チェック ― 第195回

Radeon RX 480の2枚差しは最速GeForceを超えられるか?

2016年07月05日 17時00分更新

文● 加藤 勝明 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDの新アーキテクチャー「Polaris10」、「Polaris11」は、Radeon系の弱点だったワットパフォーマンスを大きく改善し、さらにVR可能なGPUパワーを安価で提供することを狙ったものだ。

国内では3万円前半という価格で販売がスタートしたRadeon RX 480。シングルGPU構成だと性能はGTX 970~GTX 980相当といったところ

 AMDはPolaris10ベースのGPU第1弾「Radeon RX 480」(以下、RX 480)の発表の席上において、500ドルでRX 480を2枚用意すれば、1枚699ドルのGeForce GTX 1080に勝ることをアピールしていた。

AMDはRX 480を2枚差せば、GTX 1080をより少ないコストで超越できると示した

 前回のレビュー時点ではRX 480が1枚しか確保できなかったため2枚差しのテストはできなかったが、今回はRX 480のリファレンスカードを2枚用意できたので、CrossFire X動作を検証することにした。

 格下のビデオカードを複数枚使って上位カードを超えるというのは自作PCの1つのロマンである。RX 480はそんなゲーマーのロマンを具現化してくれるものなのかをチェックしてみたい。

Z170マザーにRX 480を2枚装着した状態。最新のRadeon SoftwareだとデフォルトでCrossFire Xが有効になった。2枚のカードの連携はPCI Expressを利用するため、GeForceのような専用ブリッジは必要ない

正式ドライバーで再計測

 それでは今回の検証環境を紹介しよう。基本的には前回RX 480をレビューした時と同じものを使用しているが、比較対象としてGTX 1080および1070のFounders Editionを用意した。

 Radeonの最新ミドルがGeForceのハイエンド、あるいは準ハイエンドを倒せるパフォーマンスが出せるか? を重点的にチェックしよう。以降のグラフでは、2枚差し時を(特に断りがないかぎり)“RX 480 CF-X”と表記している(CF-XはCrossFireXの意)。

 また、前回RX 480のドライバーはレビュワー向けの「16.6.2β」を使用していたが、今回はβのとれたWQHL版が出たので、それを利用してRX 480はすべてデータを再取得している。

テスト環境
CPU Intel「Core i7-6700K」(4GHz、最大4.2GHz)
マザーボード ASUS「Z170-A」(Intel Z170)
メモリー Crucial「BLS2K8G4D240FSA」(DDR4-2400、8GB×2)
ビデオカード Radeon RX 480リファレンスカード
GeForce GTX 1080 Founders Edition
GeForce GTX 1070 Founders Edition
SSD Intel「SSDPEDMW400G4X1」(NVMe SSD、400GB)
電源ユニット Corsair「RM650」(650W、80PLUS Gold)
OS Windows 10 Pro 64bit DSP版

DirectX12のMulti Display Adapterモードで
GeFoece GTX 1080超え!

 ではさっそく「3DMark」のスコアー比較でRX 480 CF-Xの効果を見てみよう。テストは“Fire Strike”および“Fire Strike Ultra”を使用する。

「3DMark」のスコアー

 確かにRX 480の2枚差し構成とGTX 1080はほぼ同等の性能を出せることは確認できた。3DMarkはGPUメーカーの最適化ターゲットにされやすいアプリであるため、RX 480のパフォーマンスをギリギリまで出せるように調整されていることは間違いない。

 3DMarkの結果からとりあえずAMDのうたい文句はどうやら正しそうだ。だが実ゲームではどうだろうか? Radeonにがっちりと最適化されたDirectX12タイトルとして「Ashes of the Singularity」をまず試してみる。画質設定は“Extreme”、ベンチマークモードは“GPU Focused”でテストした。

 また、このテストのみCrossFire Xは使わずに、ゲーム内の“Enable Multiple GPUs”にチェックを入れることで利用できるDirectX12の“MDA(Multi Display Adapter)”モードで測定している。

「Ashes of the Singularity」1920×1080ドットでのフレームレート
「Ashes of the Singularity」2560×1440ドットでのフレームレート
「Ashes of the Singularity」3840×2160ドットでのフレームレート

 Mantleの有用性を示した「Star Swarm Stress Test」の流れをくむゲームだけに、RX 480の2枚差し環境においても素晴らしいパフォーマンスを発揮。

 3DMarkではGTX 1080に勝つか負けるかのレベルだったが、Ashes of the Singularityではどの条件でもGTX 1080を上回るパフォーマンスを見せ、AMDの発表は正しいことが証明された。

 エンジンとの相性やRadeonに対する最適化度次第によっては、RX 480の2枚差し環境でGTX 1080を超えられるという好例といえる。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中