このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

コンパクト筐体にこだわるなら、「iiyama PC LEVEL∞」C-Classだ

「Radeon RX 480」なら、小型で拡張性抜群の「Lev-C017-LCi7-UZS」を狙え!

2016年10月10日 10時00分更新

文● ハイサイ比嘉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ユニットコムが展開するゲーミングブランド「iiyama PC LEVEL∞」のうち、コンパクトな筐体と拡張性が魅力の「C-Class」シリーズ。その中でも今回紹介するのは、AMD PolarisベースのGPU「AMD Radeon RX 480」(8GB)を採用している「Lev-C017-LCi7-UZS」だ。GPU以外の主なスペックは、Core i7-6700(3.4GHz)、Z170チップセット、8GBメモリー、480GB SSDという構成で、ゲームをはじめ静止画/動画の編集に応えられるスペックとなっている。当然BTOに対応しているため、購入時の構成選択でさらなる機能強化も可能だ。

ユニットコムが展開するゲーミングブランド「iiyama PC LEVEL∞」の「C-Class」シリーズ。今回紹介するのは、AMD PolarisベースのGPU「AMD Radeon RX 480」(8GB)を採用している「Lev-C017-LCi7-UZS」

週刊マンガ誌16~17冊のサイズ感で、
卓上や足下のどちらでも設置しやすい

 「Lev-C017-LCi7-UZS」をはじめとする「C-Class」シリーズは、Mini-ITX規格のケースを採用し、サイズは約幅178×奥行き384×高さ292mmとなっている。週刊少年ジャンプなどの週刊マンガ誌でおなじみのB5サイズ(横幅182×高さ257mm)を縦長にした状態に近いため、デスク上においても圧迫感は少ないはずだ。

 また、本立てやラックなどが卓上に置ける一般的な机の場合奥行き600mm前後が標準的で、引き出しなどがないカウンターのようなデザインの机では450~500mm程度となっている。「Lev-C017-LCi7-UZS」を足下など机の下に置く場合でも、背面側のケーブル用スペースを考慮しても、机から極端に飛び出したような状態にならずにすむだろう。

 ザックリいえば、週刊マンガ誌(厚さは約25mm換算)が16~17冊置ける程度の場所があれば、ケーブル用のスペースを含め「Lev-C017-LCi7-UZS」を余裕で設置できるはずだ。フルタワーやミドルタワーに比べ省スペースで圧迫感がなく、まったく同じスペックを実現しているとなれば、食指が動く方は多いだろう。

主なスペック(2016年10月9日現在)
製品名 Lev-C017-LCi7-UZS
直販価格(税別) 14万6980円から
CPU Intel Core i7-6700(3.4GHz)
チップセット Intel Z170 Express(Mini ITX)
メインメモリー 8GB DDR4-2133
グラフィックス機能 AMD Radeon RX 480(8GB)
ストレージ 480GB SSD(SATA III/6Gbps)
光学式ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
LAN機能 有線LAN(1000BASE-T)×2、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac、2×2)
インターフェース USB 2.0端子×2、USB 3.0端子×8、DVI-D端子、DisplayPort 1.4端子×3、HDMI 2.0b端子、アナログRGB端子、PS/2など
拡張スロット PCI Express 3.0 x16(空き0)
ドライブベイ 2.5型シャドウ×4(空き2)、3.5型シャドウ×1(空き1)※基本構成時
サウンド機能 ラインイン、ラインアウト、マイク入力端子
電源 500W(80PLUS SILVER)
本体サイズ 約幅178×奥行き384×高さ292mm
OS Windows 10 Home(64bit)
備考 水冷CPUクーラー搭載

前へ 1 2 次へ