このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

アニメにゲームにVR、用途やプレーしたいゲームでどちらにするか選ぼう!

高コスパでVRやゲームが快適! RX 480/GTX 1060搭載PCの魅力をチェック

2016年10月03日 11時00分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Radeon RX 480を搭載する「Lev-C017-LCi7-UZS」と、GeForce GTX 1060搭載の「Lev-C017-LCi7-RNS」をチェック

 ものを買うときには、旬があると思う。それは、新製品が出たタイミングだったり、自分のおサイフに余裕がでてきたときなど人それぞれだとは思うが、私が今まさに旬だと思っているのが、ゲーミングパソコンだ。ゲーミングパソコンといえど、コスパ重視だったり、4K解像度だろうとVRだろうとサクサク動かせるハイエンドなマシンだったりと、幅は広い。その中でも、旬だと思っているのは、コスパと性能をある程度両立する性能のゲーミングパソコンだ。

 なぜそう思うか。その理由は、ゲームをプレーするにおいては必要不可欠なGPUにある。それに乗じて、ゲーミングパソコンもおサイフに優しくゲームも快適にプレーできるゲーミングパソコンも登場しているのだ。私が注目している高コスパと性能を兼ね備えたGPUは、2つある。NVIDIAのGeForce GTX 1060と、AMDのRadeon RX 480だ。

GeForce GTX 1060とRadeon RX 480

 ユニットコムのパソコン工房ウェブ通販サイトでは、Mini‒ITXケースを採用するiiyama PCのゲーミングモデル「C-Class」で、GeForce GTX 1060を搭載する「Lev-C017-LCi7-RNS」と、Radeon RX 480を搭載する「Lev-C017-LCi7-UZS」が販売中だ。どちらもGPU以外の主なスペックは、Core i7-6700(3.4GHz)、Z170チップセット、8GBメモリー、480GB SSDという構成だ。

 初めにいってしまうと、GeForce GTX 1060とRadeon RX 480にはどちらも片方にはない魅力があり、選択するには用途次第というのが私の結論だ。ということで、両方にどのような魅力があるのかを中心に、ゲーミングパソコンについて紹介する。

どちらもMini-ITXケースを採用する「C-Class」
試用機の主なスペック
機種名 Lev-C017-LCi7-RNS Lev-C017-LCi7-UZS
CPU Core i7-6700(3.4GHz)
グラフィックス GeForce GTX 1060(6GB GDDR5) Radeon RX 480(8GB GDDR5)
メモリー 8GB
ストレージ 480GB SSD
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0
光学式ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
インターフェース USB 3.0端子×8、USB 2.0端子×2、D-sub 15ピン、DVI-D端子、DisplayPort×3、HDMI端子×1、アナログ6chサウンド(ライン出力、ライン入力、マイク入力)、PS/2コネクター(キーボード/マウス兼用)など
サイズ およそ幅178×奥行384×高さ292mm
OS Windows 10 Home(64bit)
価格 15万6578円から 15万8738円から

前へ 1 2 3 4 次へ