このページの本文へ

在宅ワークのパートタイム通訳と外国人観光客をクラウドで、東京五輪に使えそう

在宅で観光地の外国人観光客に通訳サービス、城崎温泉にて実証実験

2016年04月01日 15時41分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
クラウドソーシングを活用した通訳サービス

 ケイ・オプティコムは4月1日、クラウドソーシングを活用した観光地の外国人観光客向け通訳サービスのトライアルを開始すると発表した。

 観光地の中小店舗では通訳サービスが導入しにくいことを受け、クラウドソーシングでサービスを提供。兵庫県豊岡市役所および城崎温泉観光協会の協力の下、同社が整備した光回線を利用し、Wi-Fi経由で動画チャットで通訳サービスを提供する。

城崎温泉の14店舗にて実施。専用ステッカーを掲示する

 主婦向けクラウドソーシングプラットフォームを運営する「うるる」と提携し、登録したスタッフが在宅で通訳してコミュニケーションにあたる。サービスは城崎温泉エリア14店舗で行なわれ、店舗に専用ステッカーを掲示して対応。対応言語は英語、期間は4月4日~4月28日。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART