このページの本文へ

キティちゃんなどがピューロランドを案内

サンリオ、VRコンテンツ制作にInstaVRを採用

2017年03月08日 13時29分更新

文● たかヰトモき/Mogura VR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サンリオピューロランドを運営するサンリオエンターテイメントは、VRコンテンツ制作にInstaVRを採用したと発表。動画を使ったVRアプリケーションをより臨場感あふれる紹介コンテンツとして採用した。

InstaVRを使用して作成している様子

 作成されたVRコンテンツは2月6日に開催されたSANRIO EXPOで初公開され、2017年春より本格運用開始を予定している。

 このコンテンツはGear VRで視聴でき、ハローキティをはじめとするサンリオのキャラクターがピューロランド内を案内したり、人気のパレードを現場でみているような視点で体験できるとのことだ。

 サンリオによると、通常2〜3週間かかるモックアップの制作まで、InstaVRのおかげで1週間で完了でき、クオリティの向上に一役買っているとのこと。また、InstaVRの特徴であるヒートマップ機能によって、利用者の興味の対象が分析できることにも期待しており、ヒートマップ分析から得た知見をもとに今回のコンテンツへのフィードバックを反映していきたいとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

VR ZONE『装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎』でボトムズに乗ってみた!

VR体験動画一覧はこちら!