このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情 ― 第339回

RADEON R9 400シリーズを6月に投入? AMD GPUロードマップ

2016年01月18日 11時00分更新

文● 大原雄介(http://www.yusuke-ohara.com/) 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 前回のAMD GPUアップデートは、AMDがRadeon R9 Furyシリーズを発表した直後だったので、7ヵ月ほど経過していることになる。まずこの半年のおさらいから始めよう……というほどにはイベントはないのだが。

2015年~2017年のAMD GPUのロードマップ

Radeon R9 Furyシリーズを市場に投入

 まず6月にRadeon R9 Fury Xを発売、ついで7月にはRadeon R9 Furyも発売された。

 さらに9月にはRadeon R9 Nanoも発売され、これでFijiコア製品の「当初の」ラインナップは全部リリースされた形になる。「当初の」と書くのはまだ弾があるからだが、これは後述する。

Radeon R9 Fury XRadeon R9 Nano

 それ以外では、11月にRadeon R9 380Xがリリースされた。これはAntiguaコア(元はTongaコア)のフルスペック版。本来は2048シェーダー構成を1792シェーダー構成に一部無効化してリリースされたのがR9 380であったが、これを全シェーダー有効にしたという構成である。

 動作周波数やメモリー構成などには一切差がなく、純粋に利用できるシェーダー数が増えた分、若干性能が上がっており、Radeon R9 380の上位モデルという位置付けになっている。

 さらに、12月には日本限定ながらRadeon R7 360Eもリリースされた。こちらは見た目、メモリー周波数が6.5GHz→6GHzに落とされただけだが、実際には動作周波数の調整をRadeon R7 360よりもアグレッシブに行なうことでTDPを75W以下に落とし、補助電源を不要としたモデルである。

日本限定GPUのRadeon R7 360Eを搭載する玄人志向のビデオカード「RD-R7-360E-E2GB-JP」

 この手法はRadeon R9 Nanoで初めて実装された方式だが、これを応用した形だ。もっともその分性能も落ちているので、比較的負荷の軽いオンラインゲーム向けという位置付けとなっている。

Dual Fijiの登場は3月末

 ここからは今後の話である。まず当初は比較的早い時期(2016年1月末?)に予定されていた、Dual Fiji構成の製品(Radeon R9 Fury X2?)だが、もう少し後送りになってしまった。

 このDual Fiji、Radeon R9 Fury Xをそのままデュアルにすると消費電力がすごいことになるので、実際はRadeon R9 Nanoのデュアル構成に近いらしい。

 といってもRadeon R9 NanoのTDPは175W、一方Dual FijiのTDPは400W前後と伝えられており、Radeon R9 Nanoよりは若干TDP枠にゆとりがあるようで、なのでRadeon R9 Nanoよりはやや実効性能が上がっている。

Dual Fijiの登場は少し先送りされ、3月末~4月に

 Dual FijiのターゲットはVRである。最初のターゲットは言うまでもなくOculus Riftだ。米国時間で今年1月5日から予約が始まっており、最初の製品は3月末から出荷開始とされる。もっとも現時点で予約しても、出荷予定時期は今年6月以降になっている。

 いまさら説明する必要もないだろうが、Oculus Riftを含むVRヘッドセットの場合、両目用にそれぞれ別々の画像をレンダリングする必要があるため、単に解像度が倍になるという以上の作業負荷がかかる。カメラの視点が右目と左目で微妙に異なるので、それぞれ別々のレンダリングパスを用意する必要があるからだ。

 それもあってOculusの推奨環境はNVIDIAのGeForceGTX 970以上もしくはRadeon R9 290以上ということになっている。ただ表示解像度そのものがDK1(開発キット第一版)の1280×720ピクセルからDK2(同第二版)では1920×1080ピクセルに引き上げられており、GeForce GTX 970やRadeon R9 290は本当に「最低限」のスペックとなる。

 こうした用途にデュアルGPUは非常に相性が良い。単に2つのGPUでそれぞれ右目用/左目用のレンダリングパスを実行するだけでいいわけで、Dual Fijiもこれを狙った形になるが、肝心のOculus Riftが事実上3月末以降になってしまったので、急いで出す必要がなくなってしまった。

 これもあって、おそらく3月にサンフランシスコで開催されるGDC 2016にあわせたタイミングで発表、出荷開始は3月末~4月ということになると思われる。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART