このページの本文へ

従来不可能であった価格帯で提供するという

AMD、Polaris下位モデル「Radeon RX 470」「Radeon RX 460」を発表

2016年06月15日 12時39分更新

文● 佐藤 正人(Masato Sato)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Radeon RX 470」と「Radeon RX 460」が発表された

 AMDは6月13日(現地時間)、「Electronic Entertainment Expo」(E3 2016)において、AMD Radeon RXシリーズとして「Radeon RX 470」と「Radeon RX 460」の2製品を発表した。先日開催された「COMPUTEX TAIPEI 2016」の場で発表となった「Radeon RX 480」の下位モデルにあたる。

 Radeon RX 470は、「電力効率に優れ洗練されたHDゲームを実現」、Radeon RX 460は「冷却性能と効率性に優れたソリューションとして、究極のeスポーツ体験を演出」をうたう。いずれも「多くのユーザーにVR体験を提供できるような価格帯」、「ゲーム開発者の高品質かつリアルタイムなゲーム開発を促進できる」といった点が特徴だ。なお価格については、現時点では不明。

■関連サイト

カテゴリートップへ