このページの本文へ

ちゅーやんの「寝ても覚めてもゲームまみれ」 ― 第27回

α版は早ければ10月末にiOS版限定で公開予定

パズドラのマルチプレイで好きな人のハートを掴む方法を思いついた

2015年10月13日 18時33分更新

文● ちゅーやん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パズドラは今月12日に行なわれたニコニコ生放送「AppBank がんばれ!マックスむらいのパズドラ攻略! 祝・第100回!」にて、山本大介プロデューサーが今後実装予定となっているマルチプレイ「協力プレイダンジョン」の続報を発表した。

 現時点での情報なので、本実装時には変更となる可能性があることをあらかじめご理解いただきたい。

iOS版が先行で“α版”を公開

 現在、協力プレイダンジョンはデバッグ中で、終わり次第Appleに申請を出し、アップデート後α版がリリースされるという。α版ではiOS端末のみの実装で、Android端末はβ版以降プレイが可能になるとのこと。早ければ10月末にα版がリリースする。それでは今回の発表でいくつか判明した要素を紹介しよう。

プレイに必要なランクは100から

ルームIDをいっしょにプレイする人に伝えればプレイが可能だ

 α版での協力プレイダンジョンではランク400以上の人のみが部屋を作ることが可能だ。部屋に入り、プレイするにはランク100以上必要。つまりは、ランク100~399までの人で協力プレイダンジョンに挑戦したい場合、ランク400以上の人に頼む必要がある。

α版ではスタミナ消費“0”

 デモプレイでは「超絶極限ゴッドラッシュ」、「極限ドラゴンラッシュ」、「極限ヘララッシュ」、「チャレンジダンジョン」、「絶・無限回廊 特別版」の5種類のダンジョンを確認できた。
 「超絶極限ゴッドラッシュ」については通常の「極限ゴッドラッシュ」に比べて難易度が高くなっているという(デモプレイではそこまで変わったようには見えなかったが…)。
 今回はα版ということで、ダンジョン挑戦に使用するスタミナは“0”。ただし、モンスター・宝箱のドロップはしない。

フレンド枠はいっしょにプレイする人のリーダー

プレイヤーが交代してもバインド状態のまま

 割りと細かいポイントだが、かなり重要なポイント。リーダーとフレンドのモンスターは共有しているということ。仮に、自分のターンでフレンドのモンスターがバインド状態になった場合、相手のターンでも相手のリーダーとなるモンスターがバインド状態になっているということだ。
 Aさんが「ラー」、Bさんが「ホルス」をそれぞれリーダーとして使用している場合、Aさんのターンで「ホルス」がバインドされると、Bさんのターンでも「ホルス」がバインドされたまま、と言えばわかるだろうか。

スキルで敵を倒すと相手のターンに移行しない

ミカエルを超ベジットソードで撃破次バトルのガブリエルもそのままプレイ

 高難度ダンジョンではあまりないが、スキルによって敵モンスターにダメージを与え、敵モンスターを倒した場合、相手のターンに移行せず、次のバトルにいっても自分のターンのままということだ。プレイヤーが交代するタイミングは「パズルを操作したら」ということになりそうだ。

継続して遊ぶかは報酬次第

 かなり暴論かもしれないが、ユーザーとして継続してプレイするのか否かは報酬次第であると言える。
 パズドラにおいてマルチプレイというコンテンツはとても興味深く、今すぐにでもプレイしたいと思うが、継続して遊ぶか否かを考えると貰える報酬次第というのが筆者の意見だ。
 動画や生放送などをしている人や会社(アスキー含む)のパズドラ動画ではかなり大きなコンテンツになると思えるが、一般のユーザーだとソロプレイと同じダンジョンをやるならひとりでもいっしょと考えてしまう。

 本実装までまだまだ時間がかかるとは思うが、やはりマルチプレイ限定で貰える報酬などが欲しいところだ。例えば、「超絶極限ゴッドラッシュ」をクリアするとスキルレベルが必ず上がる「ピィ」が貰えるのであればプレイするユーザーも多いはず。ピィに関しては既に山本大介プロデューサーのTwitterで「裏ダンジョンをマルチプレイで復活させるかも」と発言があったが…。

 おもしろいコンテンツなだけに、パズルミスでゲームオーバーになって殺伐とした空気になる…ということだけは避けたい。割合回復スキルもちの耐久パーティーが無難そう。覚醒アマテラスパーティーなら殺伐とした空気にならず、互いにキャッキャウフフしながら遊べる気がする。

いわゆる“姫プレイ”向きコンテンツ

 本記事は「継続して遊ぶかは報酬次第」の項目で終わらせる予定だったが、記事を執筆していてくだらないことを思いついたので折角だから書いておく。別に読まなくてもいいが、読むのであれば生暖かい目で見て欲しい。思いついてしまっただけに、タイトルも変更してしまった。

 シチュエーションは以下だ。
Aくん:ランクが400オーバー。割と強い。Bちゃんが好き。
Bちゃん:ランクは100程度。まだまだ初心者。Aくんはただの知り合い。

Bちゃん「○○のダンジョンがクリアできないのー。でも××が欲しいの!」
Aくん「それなら僕といっしょに協力プレイダンジョンをやろう。いっしょにクリアしてあげるよ。」
──そして2人はダンジョンに挑戦する。
Bちゃん「私、全然コンボできないの…。がんばっても3コンボが限界!」
──ここでAくんが整地をする。なんと9コンボ盤面だ。
Aくん「ここからパズルを動かすだけで9コンボだよ!」
Bちゃん「きゃー!Aくんかっこいー!敵を一撃で倒せたよ!」
Aくん「いやいや、今のはBちゃんのパズルさばきのおかげだよ」
とイチャつきながら2人は次バトルで出現した神王妃・ヘラの先制攻撃(38910)に耐えられずゲームオーバー。よし、いける。見えた。ここまで見えた。明確に見えた。

パズドラ 協力プレイダンジョン
高難度ダンジョンでよく見かける“いろんな意味でデカイ”新王妃・ヘラさん

 ちなみに、新王妃・ヘラの先制攻撃は31584と38910の2種類のダメージがあるが、それぞれ語呂合わせで覚えることが可能で、31584は「最後は死」、38910は「斬魄刀(ざんぱくとう BLEACHに登場する刀)」で覚えられるとネットのどこかに書いてあった。覚えておいて損はないが、覚えているからといって好きな人のハートを掴めるかは不明だ。

パズル&ドラゴンズ』(パズドラ)
メーカー:ガンホー・オンライン・エンターテイメント
価格:無料(ゲーム内課金あり)
対応ハード:iOS6.0以上/Android2.3以上

■関連サイト
パズドラ 運営サイト

(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社