このページの本文へ

ちゅーやんの「寝ても覚めてもゲームまみれ」第156回

幕張メッセで23日まで開催中:

物販240分待ち? 混雑状況は? グラブルフェス初日レポート

2017年12月22日 21時30分更新

文● ちゅーやん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Cygamesから配信中の「グランブルーファンタジー」は、12月22日(金)、23日(土)の二日間に渡って幕張メッセで「グラブルフェス」を開催している。すでにTwitterで報じたように多くのファンが集まっているのだ。滞在時間はそれほど長くはなかったが、全体をまんべんなく見学してきたのでその模様をお伝えする。

 本記事の注意事項としてあくまでも初日での状況レポートである。なので、23日開催では混雑状況に応じて待機列の形成や、システムが変わる可能性がある。諸々のアナウンスは公式Twitterやイベント当日会場内で何かしらあるかもしれないので、合わせてチェックいただきたい。

リアルガチャ目的ならリアル「エリクシール」大量に必要か

 先に結論を言ってしまえば、リアルガチャを目的としてイベント会場に来場予定ならば「覚悟が必要」と感じざるを得ない状況だった。理由は単純明快で、同じ目的で来場している人ばかりだから。

 言うまでもなくグラブルフェスでの目玉は「リアルガチャ」だ。

 会場内に設置されたリアルガチャを回すことで、ゲーム内で利用できるシリアルコードをゲットできる。シリアルコードを入力することで、「ダマスカス鋼」「召喚石『バハムート』」「SSレアキャラ武器確定ガチャチケット」など、超豪華アイテムを手に入れられるのだ。

 リアルガチャを回すにはいくつかのフローをこなす必要がある。会場内の各コーナーやゾーンを巡り、それぞれで設定された入手条件をクリアしてスタンプを集める。集めたスタンプの数に応じて、リアルガチャで使える「ガチャコイン」を貰えるのだ。いわゆるスタンプラリーである。イベントに来場するだけでリアルガチャ2回分のスタンプを入手できるものの、豪華景品ということで必死になってスタンプ回収する人が多いのだ。

 各コーナーやゾーン以外にスタンプを入手する手段は「物販」だ。グッズを3000円(税込)以上購入することで各日初回のみではあるが、スタンプを貰える。グラブルだけでなく、こういったイベントでは物販が非常に人気で混雑しやすいが、スタンプを獲得できるということでさらに人が集まったのである。その結果、22日昼過ぎにアスキー公式Twitterで投稿したように大行列が形成されることになった。声優も豪華だし、イラストもかっこよかったりかわいかったりするし、ファンとしてはスタンプが関係なくとも欲しくなってしまうのも仕方ない。

「物販は最大240分待ち」との情報も飛び交うほどの大行列

 物販以外でもスタンプを獲得できるアトラクションなどでは待機列が形成されていた。「VR四騎士ゾーン」「縁日ゾーン」はかなり人気だった印象を受けた。アスキー的にもVRは気になるポイントだが、お察しいただきたい。
23日(土)のVR四騎士ゾーンは9:00から整理券配布

 正直に言えば筆者もリアルガチャを回したかった。しかし、スタンプ集めに奔走していると取材そっちのけになってしまうので泣く泣くあきらめた。

見て楽しむコンテンツの完成度の高さに驚く

 ここまでの記事内容だけだと混雑ばかりなイメージを与えてしまっている。ただ、イベント会場にはグラブルファンなら興奮しまくる要素が盛りだくさんだった。筆者的には「見て楽しめる要素」が非常に多い印象を受けた。

 まず、グラブルに登場する武器などの展示だ。実物大(たぶん)となって会場ど真ん中に配置されている。とにかくめちゃくちゃキレイでカッコイイ。会場に行ったら撮影するのをオススメする。

 上記とは場所にあるが、会場内には「展示・撮影エリア」が設けられており、そこではグランサイファーの一室や船首などが展示されている。武器を実際に持って撮影することも可能なので、なりきりたい人はマストで行って欲しい。ひとりで行く予定でも、スタッフの方が撮影してくれるので問題ないはず。SNSなどのプロフィールによさげ。

 展示以外に個人的に興味をもったのが「年表」だ。「フード&休憩エリア」付近の壁に、グラブルがこれまで築いてきた歴史を明記した年表があるのだ。

 来場者の方も「オレ、これくらいの時期から始めたわー」「○○コラボ良かったよね」などと、思い出に浸る人が多かった。イベントや登場キャラなどもしっかり記載されている。めっちゃ長い。すごい。

アンチラさんご無沙汰しております

 そのほかで言えば、会場内のコスプレイヤーさん、ブースのコンパニオンさんがめっちゃキレイだった。すごくよかった。というか、コスプレの完成度が非常に高いものばかりで、男性レイヤーさんにも「なんだこれめっちゃかっけー!」と目線を奪われるほど。

 本当にさらっとしたレポートになってしまったが、取材していた身としても楽しめたイベントだった。ただ、スタンプ集めや物販を目的として来場予定の場合、初日の混雑を考えると23日(土)開催は相当なものが予想される。22日は一応平日だが、明日は土曜日だから……。

 本日の混雑状況を運営側はどう対処するのか記事執筆時点では不明だ。しかし、入場規制や各ブース整理券の配布終了時間を早めるなどの対応があることも予想される。早めに行くべき……とまでは言い切れないが、来場予定の方は随時公式Twitterなどをチェックし、アナウンスに聞き耳を立てることをオススメする。くれぐれも待機列に並んでいるときに体調が悪くなったら我慢しないでほしい。イベントも大事だが、自分の身のほうが大事だから……。

会場中央付近の様子(22日)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ

デル株式会社