このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

高橋暁子の「意外と知らない!? 業界ランキング」 ― 第37回

iPhone 6/6 Plus発売後のスマホOS別シェアは?

アップルがスマホの過半数を占める国は日本だけ!

2015年04月20日 09時00分更新

文● 高橋暁子 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

『そういえば、あの業界のシェアは結局どこが一番多いんだっけ……?』
そんな疑問を抱いたことがあるすべてのビジネスマンに捧ぐ連載。仕事でも利用できる業界ランキングや業界地図を私、高橋暁子が手っ取り早く紹介します。<連載目次>

スマートフォン用OSのシェア(日本)
2013年10~12月 2014年10~12月 増減
Android 30.5% 38.3% +7.8
iOS 68.7% 60.2% -8.5
Windows Phone 0% 0% +0
その他 0.8% 1.5% +0.8

WPP調べ

スマホ所有率>フィーチャーフォン所有率

 スマートフォンが手放せない生活をしているという人も多いだろう。2014年9月には話題のiPhone 6/6 Plusなど話題の端末が発売されたが、OS別のシェアはどうなっているのだろうか。スマホ所有率、国内や海外のスマホにおけるOS別シェアを見ていこう。

 日本国内におけるスマホ所有率から見ていこう。ビデオリサーチコンサルティングの調査(2014年2月)によると、15~69歳のPCインターネットユーザーにおけるスマートフォンの個人所有率は、前回調査(2013年8月)時点から4.8ポイント増加し、2年前(2012年2月)の2倍となる過半数の54.0%に達した。

 一方の携帯電話/PHS(フィーチャーフォン)の個人所有率は41.9%。つまりスマホ所有率>フィーチャーフォン所有率であり、その差は12.1ポイントに広がっているのだ。

 なお、15~19才男子のスマホ所有率は77.8%、20代男子は72.9%、15~19才女子は84.8%、20代女子は83.1%など、若年齢層において高い所有率を示している。30代男女、40代男子でもスマホの所有率がフィーチャーフォンの所有率を上回る結果となった。

 およそ1年3ヵ月前の記事では、10~20代ではスマホ所持率がフィーチャーフォン所持率を上回るものの、30代以降ではフィーチャーフォンがスマホを上回っていた。その結果、全年代で見るとフィーチャーフォン所持率が優勢だったことを考えると、わずか1年あまりで逆転したことになる。

 ただし、40代女子と50代以上の世代ではまだフィーチャーフォンがスマホを上回っており、スマホ所有率にはまだ伸びしろがありそうだ。

国内シェアトップは3年連続iOS

 では、気になる日本国内におけるスマートフォンのシェアはどうなっているのだろうか。

 IDC Japanの2014年第4四半期 国内スマートフォン出荷台数ベンダー別シェアによると、アップルが58.7%、ソニーが14.2%、シャープが11.4%、サムスンが4.7%、京セラが4.5%などとなっており、国内ではやはりアップル(iOS)が過半数のシェアを占めていることが分かる。

 アップルは2013年第3四半期 国内スマートフォン出荷台数ベンダー別シェアに比べ、54.1%から58.7%へと伸びている。2013年はAndroidのなかでもサムスンが大きなシェアを握っていたが、2014年には大きく順位を落とした。代わりに、Xperiaシリーズのソニー、AQUOSシリーズのシャープが伸びている。

 2014年通年の国内携帯電話出荷台数(スマートフォンと従来型のフィーチャーフォンの合計)は、前年比7.7%減の3659万台。ベンダー別では、年間を通して「iPhone 5、およびiPhone 6シリーズ」で高いシェアを維持したiOS端末が、3年連続となる年間第1位を獲得している。

 スマートフォンの2014年通年の出荷台数は前年比12.4%減の2654万台となり、国内スマートフォン市場が本格的な立ち上がりを見せた2010年以降、初めて年間ベースでのマイナス成長となった。マイナス成長の要因はAndroid搭載スマートフォンの販売不振により出荷台数の減少傾向が続いているためという。

Android:iOS=約5:1

 では、世界におけるシェアはどうなのだろうか。IDCによると、2014年通年のOS別世界スマートフォン市場に関する調査結果は、AndroidとiOSの両OSを合わせたシェアは全年より2.3ポイント増加して96.3%となった。

 Androidの出荷台数は10億5930台。2014年市場シェアは81.5%であり、出荷台数伸び率は32.0%。一方のiOSの出荷台数は1億9230万台であり、2014年市場シェアは14.8%、出荷台数伸び率は25.6%となった。つまり、市場はAndroidとiOSの寡占状態であるものの、両者の差は大きく、Android:iOS=約5:1もの開きがあることになる。

 Windows Phoneの出荷台数は3490万台、市場シェアは2.7%、出荷台数伸び率は4.2%。BlackBerryの出荷台数は580万台、市場シェアは0.4%、出荷台数伸び率は-69.8%で、BlackBerryの退潮が目立つ結果となった。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

【ニコ生】視聴者がガチでXmas自作PC構成を決めるジサトラ出張

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ