このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー ― 第52回

スマホ史上、最もタフガイな「TORQUE」はやはり頑丈だった!

2014年10月04日 12時00分更新

文● 林 佑樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

やだ……すごく頑丈……!!
アウトドア派待望の「TORQUE G01」

 2014年スマホシーンの目玉であるiPhone 6シリーズが発表され、どの端末にするかを考えはじめた人もいるのではないだろうか。4.7型と5.5型の2モデルで大型化をしたiPhone 6にするか、それともサイズが豊富なAndroidにするかと、選択肢は広がっている。

 またキャリアの料金体系は、通話し放題定額、データ通信上限アリのプランにスライドしており、通話が多い人には都合がいい状況。IMやSNSなどが手軽になったが、通話が多いユーザーの場合、重要視するのは信頼性ではないだろうか。頑丈でかつ、防水・防塵を備え、音声が聞き取りやすい。そんな条件を満たす唯一無二の端末として君臨しているのが、auからリリースされた「TORQUE(トルク) G01」(京セラ製)だ。

アウトドアっぽい絵を撮ってみたところ、ビジュアルからものすごくカエルっぽい印象を受けた。それも毒を持つタイプの

ごっついがかっこよく手になじむボディー

 TORQUE G01は、薄型化や軽さを放棄したかわりに、堅牢性に特化している。サイズは68mm×136mm×13.5mm(最厚部15.4mm)、重さは約182gで、4.5型スマホとしては分厚くて重い。幅は4.5型としては広いほうだが、5型ほどではない。また厚みは13.5mm~15.4mmとなっているが、それは背面形状が影響しており、背面は中心に向かって背が高くなっている。文字にすると持ちにくい印象を受けるが、持ちやすさありきでデザインされているのか、ハンズオンした場合、すんなりと手になじむと感じた。

 初見こそゴツいと思うかもしれないが、それには理由がある。前述のとおり頑丈な作りで、米国国防総省の調達基準(MIL-STD-810G)、通称ML規格の11項目に準拠したテストをクリアしている。MIL規格とは粉塵、落下、振動、高温、低温、風雨、低圧、太陽光照射、塩水噴霧、湿度、浸漬。日常シーンで使用するうえで、高い信頼性をおけるものとなっている。

 液晶パネルを保護する部材には、Dragontrail Xを採用し、滑落時にも割れにくくなっている。このほかを見ると、ディスプレー面よりもベゼルは背が高くなっており、衝撃性能を強化していたり、ガラス繊維強化プラスチック材で全体的な剛性を強化するなど、信頼性・堅牢性は圧倒的なハイスペック。これは内部のスペックをとくに知らなくても手に持つと「あら、頑丈」とわかるほどで、こと男の子魂を刺激する作り込みがなされている。

本体正面。正面からでもずんぐりむっくりな印象を受ける。バックキー、ホームキーなどはハードウェアボタン本体背面。フルフラットではなく、凹凸のあるデザインになっている。LEDライトは他機種よりも明るいようだ
本体頂部。左からHANDS-FREE KEY、サブマイク、ヘッドフォンジャック、電源/スリープボタン本体底部。マイクとmicroUSB
本体左側面。ボリュームキー、ダイレクトボタン、ストラップホール本体右側面。カメラボタンとmicroSD/SIMカードスロットがある
キャップもしっかりした作りで、長期的運用前提なのがわかる

 さてスペックを見ると、CPUはMSM8928(1.4GHz動作のクアッドコア)と、Xperia Z2やGALAXY S5などのハイスペックマシンと比べるとややロースペックになるが、ゲームをガッツリとプレーしない限り、あまり気にならない。

 またスピーカーはなく、京セラ製端末ではおなじみのソニックレシーバーを採用している。これはパネル全面がスピーカーのような役割を持つもので、ディスプレーのどこでも耳をあてれば振動で音声が聞こえてくると実に便利なものだ。いわゆるフツーのスマホとは想定するUXの違いが随所に見られるのも、本機の面白いところ。


(次ページでは、「オーソドックスなホーム画面」)

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART