このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Webオリジナルの13.3型ビジネスノート「dynabook R63」 ― 第2回

Core i7-4510U、8GBメモリー、256GB SSDと贅沢な構成

有線LANやVGAを揃える、ビジネス向けWin7ノート「dynabook R63」

2014年10月10日 12時00分更新

文● エースラッシュ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「dynabook R63」

 東芝の直販サイト「東芝ダイレクト」だけで販売している、個人向けのビジネスノートPC「dynabook R63」。シンプルだが安っぽさのないデザインに、13.3型のフルHDディスプレーを搭載する。使いやすいキーボードとデュアルポイントを採用するなど使い勝手にも気配りされている。

 前回は外観やキーボードを中心に紹介したが、今回はインターフェースに加え、実際の使い勝手やベンチマークによる性能評価を行なう。

「dynabook R63」の主なスペック
CPUCore i7-4510U(2.00GHz)
メモリー8GB
グラフィックスインテル HD グラフィックス 4400
ディスプレー13.3型ワイド(1920×1080ドット)
ストレージ256GB SSD
光学式ドライブ
通信機能1000Base-T/100Base-TX/10Base-T、IEEE 802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.0
インターフェースUSB 3.0端子×3、HDMI端子、VGA端子
カードスロットSDカードスロット
本体サイズ/重量幅316.0×奥行き227.0×高さ13.9-17.9mm/1.21kg
バッテリー駆動時間約13時間(JEITA 2.0)
OSWindows 7 Professional(64ビット)

有線LANや2種の外部ディスプレー出力を装備

 「dynabook R63」のインターフェースは、本体の左右に振り分けられている。本体左側面には電源コネクター、VGA端子、HDMI端子、USB 3.0端子×1、ヘッドフォン/マイクコンボジャックを配置。本体右側面には有線LAN端子、USB 3.0端子×2、SDカードスロットがある。

本体左側面には電源コネクター、VGA端子、HDMI端子、USB 3.0端子×1、ヘッドフォン/マイクコンボジャックがある本体右側面には有線LAN端子、USB 3.0端子×2、SDカードスロットが並ぶ
手前側にはスピーカーを配置通気口はヒンジ側にまわされている

 13.3型ディスプレー搭載モデルというサイズの制約もあり、充実のインターフェース群と呼べるほどの数があるわけではない。しかし、必要なものはしっかりと揃っている。

 小型マシンでは省かれがちな有線LAN端子を搭載しているのは嬉しいポイントだ。また、外部ディスプレー出力が2種類用意されているため、大型ディスプレーへの接続やプロジェクターを利用しやすい。ビジネスモデルらしい配慮といえる。

 本体手前側にはスピーカーだけが配置されており、ヒンジ側には通気口がある。通気口をこの位置へ持ってきたおかげで、利用中に温風が手にあたるようなことがなく快適だ。

 底面にある端子は、別売のポート拡張ユニットに接続するためのものだ。据え置き利用時にインターフェースを増やしたい場合は入手しておくべきだろう。

底面の端子はポート拡張ユニット用だ


(次ページ、「ビジネスの場でしっかりと活躍できる、高性能なマシン」に続く)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

東芝ダイレクト

インテルバナー