このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Webオリジナルの13.3型ビジネスノート「dynabook R63」 ― 第1回

据え置きとモバイルの両方に

ビジネスの場にふさわしい、シンプルな13.3型ノート「dynabook R63」

2014年10月03日 08時00分更新

文● エースラッシュ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「dynabook R63」

 東芝「dynabook R63」は、東芝のPC製品サイトである「dynabook.com」のリストには掲載されていない。直販サイト「東芝ダイレクト」でのみ販売されているWebオリジナルモデルだ。多くの場合、店頭販売を行なうカタログモデルにカスタマイズを加えたものが直販サイトで販売されるが、「dynabook R63」の場合は類似モデルが店頭販売分にない、完全な限定モデルとなっている。

 今回試用しているのは「dynabook R63/W4M」の「PR63-W4MNDSW」だ。Office搭載モデル「PR63-W4MNESW」も存在するが、ハードウェアの構成は共通となっている。

「dynabook R63」の主なスペック
CPUCore i7-4510U(2.00GHz)
メモリー8GB
グラフィックスインテル HD グラフィックス 4400
ディスプレー13.3型ワイド(1920×1080ドット)
ストレージ256GB SSD
光学式ドライブ
通信機能1000BASE-T、IEEE 802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.0
インターフェースUSB 3.0端子×3、HDMI端子、VGA端子
カードスロットSDカードスロット
本体サイズ/重量幅316.0×奥行き227.0×高さ13.9-17.9mm/1.21kg
バッテリー駆動時間約13時間(JEITA 2.0)
OSWindows 7 Professional(64ビット)

ビジネスの場に馴染む綺麗にまとまったシンプルデザイン

マットなシルバーにヘアライン加工を施したトップカバー底面側もトップカバーと同色で脚がつけられている

 「dynabook R63/W4M」は個人向けに販売するビジネスノートという位置づけの製品だ。ボディカラーはコスモシルバーと名付けられているシルバーだが、光沢のない落ち着いたトーンになっている。ヘアライン加工が施されており、素手で持った際に指紋もつきづらく、さっと拭うだけで汚れがとれる扱いやすい素材だ。

 トップカバーにはロゴが配置されているだけで、底面側も脚が四隅と中央についてはいるもののスッキリしている。底面がトップカバーと同色なのも好印象だ。角の先端は丸めてあるが、径が小さくシャープな印象のデザインだ。ビジネスモデルといっても、廉価で愛想のないデザインというわけではなく、ビジネスの場にふさわしい雰囲気を備えたモデルという方向性になっている。

 本体サイズは幅316.0×奥行き227.0×高さ13.9-17.9mmで、重さは約1.21kg。13.3型ノートとしては特別コンパクトというわけではないが、ディスプレーを閉じた状態で実際に持ってみると快適に持ち運べるサイズだと感じた。脚がついている分、据えた時の安定感もある。必要な時には持ち出したいが、基本的にはデスクでしっかり使いたい、というような据え置きとモバイルの両方の需要を持つ人にちょうど良い。



(次ページ、「反射の少ないノングレアディスプレーを採用」に続く)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

東芝ダイレクト

インテルバナー