このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

意欲的な開発姿勢を感じる、ストイックに進化した薄型ノート「KIRA V83」をじっくり検証 ― 第2回

1.35kgの写真処理環境としては優秀

発色は折り紙付き! dynabook KIRA V83はヘヴィな処理もサクサクできる

2014年09月05日 09時00分更新

文● 林佑樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
発色が良く見た目での気持ちよさは折り紙付きの13.3型Ultrabook「dynabook KIRA V83/29M」

 東芝のdynabook KIRA V83/29Mは、タッチパネル搭載のWQHDに進化した13.3型Ultrabook。カラーキャリブレーション済みで出荷されており、その発色はなかなか気持ちいいものだ。見た目での気持ちよさはREGZAシリーズ同様に折り紙付きといっていい。そうなると次に気になるのはパフォーマンスとキーボードの良し悪しになる。前回は、dynaboo KIRA V83/29Mの外観やディスプレーについて紹介した。今回は、キーボードの使い勝手やスペックについて紹介しよう。

試用機の主なスペック
製品名dynabook KIRA V83/29M(店頭モデル)
CPUCore i5-4210U(1.70GHz、最大2.70GHz)
メモリー8GB(4GB×2)
ディスプレー タッチ対応13.3型ワイドカラーディスプレー WQHD(2560×2160ドット)
グラフィックスインテル HD グラフィックス 4400(CPU内蔵)
ストレージ128GB SSD
通信機能IEEE 802.11ac/a/b/g/n、1000BASE-T、Bluetooth 4.0
インターフェースUSB 3.0×3 、HDMI出力端子、ブリッジメディアスロット
光学式ドライブ
バッテリー駆動時間約11.5時間/JEITA2.0、約14.0時間/JEITA1.0
本体サイズ/重量約幅316.0×奥行207.0×高さ9.5~19.8mm/約1.35kg(内蔵バッテリー含む)
OSWindows 8.1 Update(64ビット)
付属ソフトOffice Home and Business 2013/Photoshop Elements 12

(次ページ、「Ultrabookとしてはしっかりした性能」に続く)

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

東芝ダイレクト

インテルバナー