このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」 ― 第162回

iPhoneをクレジットカードの決済端末にするワザ

2014年04月24日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 個人でフリーマーケットなどを運営している場合、決済方法は基本的に現金のみだろう。しかし、今や個人事業主でも、手軽に低コストでクレジットカード決済を採用することができる。スマホやタブレットを決済端末にする「Square」だ。今回は、Squareリーダーの活用方法を紹介しよう。

iPhoneとSquareリーダーで、クレジットカード決済を行なう

カードの読み取り端末は無料でもらえる!

 「Square」は2009年に設立され、アメリカでモバイルクレジットカード決済の先駆者としてスタート。スターバックス全店で導入されるなどサービスを広げた。個人事業主でも導入できるうえ、申し込みにも手間がかからない。決済手数料は3.25%と安く、初期費用や月額固定料、振込手数料などは一切不要。VISAだけでなく、MasterCardやAmericanExpressなどにも対応している。しかも、最短翌営業日に入金されるというのだから、既存の店舗にとっても魅力的だ。

 まずは、無料アカウントを作成しよう。三井住友銀行または、みずほ銀行の口座を利用しているなら、23時59分までの売上金額は、翌営業日に振り込まれる。それ以外の口座を利用してる場合は、木曜日の深夜0時から翌週の水曜日23時59分までの売上が、翌週の金曜日に振り込まれる。すぐに現金が欲しいなら、三井住友銀行もしくは、みずほ銀行の口座を利用しよう。完了したら、登録した住所にSquareリーダーが発送される。到着したら、即利用可能だ。

Squareレジ - SquareのモバイルPoSでクレジットカード決済を。 App
価格無料 作者Square, Inc.
バージョン4.4 ファイル容量35.6 MB
カテゴリービジネス 評価(3.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 6.0以降
「Squareレジ」アプリをインストールする初めてなら「スタート」をタップする。アカウントを持っているなら「サインイン」をタップ
メールアドレスとパスワードを登録する利用目的や事業内容を選び。「フリーマーケット」や「屋台、移動販売」といった項目も用意されている
数日で「Squareリーダー」が届く

金額を入力してカードを通すだけの簡単決済

 アプリを起動したら、GPSによる位置情報利用とマイクへのアクセスを許可する。取引の情報を正確に記録するために位置情報が必須で、Squareリーダーはマイク端子に接続して利用するためだ。Squareリーダーをきちんと挿し込むと自動的に認識され、使えるようになる。

 価格を入力し、クレジットカードを通せば決済できる。カードは特にゆっくり通す必要もない。カードを奥まで入れて、さっと手前に引くようにと押せばいい。

 サインは端末に指で書いてもらうことになる。iPhoneやスマホの場合は領収書を出すことはできないが、電話番号を入力してもらえば、SMSで届く。ちなみに、iPadで利用する場合は、レシートプリンターやキャッシャーなどと連携することが可能。とはいえ、もちろん別料金なので、個人事業主はレシート送信で十分だろう。

初回起動時に、GPSの利用を許可するプッシュ送信の有無はどちらでもいいマイクのアクセスも必須
Squareリーダーを挿し込む。きちんと奥まで入れると、認識メッセージが表示される
金額を入力する細目の入力も可能
カードを通すiPhoneを渡してサインしてもらう
レシートの有無を判断してもらう。電話番号によるSMSか電子メールを選べる
取引が完了したレシートが送られてきた画面URLを開くと、日時や事業主の詳細、価格などを確認できる

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART