このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」 ― 第160回

アップデートしたばかりのiOS 7.1を使いこなすワザ

2014年03月12日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月11日にiOS 7.1が公開された。iOS 7はバグフィックスなどで7.0.6まで細かく修正されてきたが、やっと新機能の追加も含んだアップデートがお目見え。今回は、アップデートしたばかりのiOS 7.1を使いこなすワザを紹介しよう。

iOS 7.1がお目見え! いち早くアップデートしよう

アップデートには2GBの空き容量が必要

 iOS 7.1が公開された。現在では、特にダウンロードが遅いということもなく、スムーズにアップデートできる。アップデータはiOS 7の場合218MBだが、iOS 5からだと1.1GBだった。さらにアップデート時には1.9GB以上の空き容量が必要になる。空き容量が足りない場合は、不要なキャッシュを削除したり、PCに入っている音楽データを一時的に削除するなどして確保しよう。

 アップデータのダウンロードはWi-Fi接続が必要。また、アップデート完了まで10分前後かかるので、バッテリー残量もチェックしておくこと。アップデートが完了して起動したら、パスワードの入力を求められる。

「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」でアップデートする指紋を登録していても、アップデート後はパスワードの入力が必要になる

 今回はテストできないが、目玉機能の1つが「CarPlay」。iPhoneを自動車のダッシュボードにセットして、オーディオやナビゲーションシステムとして利用できるのだ。Siriを利用して音声操作も可能。昨年「iOS in the Car」として発表された機能で、ホンダやトヨタ、ボルボ、メルセデスベンツを始め、12のメーカーが採用を計画している。対応車は今年中には発売される予定。登場が楽しみだ。

Appleのホームページに乗っている「CarPlay」のイメージ

標準のカレンダーアプリがやっと使い物になるか?

 iOS 7のカレンダーアプリは使いにくくて評判が悪い。筆者が一番気になるのが、月間カレンダー表示で特定の日付をタップしたときに、予定を確認できず、そのまま1日のカレンダー表示に切り替わってしまう点だった。今回のバージョンアップで、月間カレンダーを少し小さくして、下のスペースに選択した日の予定が表示されるようになったのだ。また、日本の祝日を標準で表示できるようになったのも助かるところ。

左が通常の月間表示。右上にあるカレンダーアイコンをタップすると、画面下に予定が表示されるようになる
「カレンダー」をタップし、「日本の祝日」を有効にする祝日が表示されるようになる

HDRが自動的にオン/オフされるようになった

 iPhone 5sのカメラ機能が若干強化された。まず、「写真とカメラ」設定に「バーストの写真をアップロード」という項目が追加された。この機能をオフにすると、フォトストリームにはバースト撮影した中からお気に入りの写真だけが保存されるようになる。容量の節約になるという仕組み。オンにするとすべての写真がアップロードされるようになり、PCにUSB接続した時にもすべての写真にアクセスできる。

 また、HDRのモードに「自動」が追加された。詳しい動作内容が発表されていないため、試しに色々撮影したのだが、イマイチ基準がわからなかった。今後のアップル情報をチェックしたい。

「HDR自動」モードが追加された。強制的にHDRをオンにするなら、上部をタップして変更する
フォトストリームの容量を節約するなら、「設定」→「写真とカメラ」を開き、「バーストの写真をアップロード」をオフにする

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART