このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

新春アキバ福袋大特集2014 ― 第2回

今年も買いまくった! アキバの福袋の中身は?【エンタメ編】

2014年01月02日 01時00分更新

文● ASCII.jp編集部 太田、撮影● 伊藤真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今年も待ち遠しくもあり、同時に元旦から仕事という憂鬱な福袋の季節がやってきた。我々にとっては、年末にお台場で開催された「コミックマーケット」から続く年末年始イベントのラストを飾る特集でもある。今回もなんとか上司を説き伏せ、秋葉原のショップで販売されていた福袋を約10万円分購入してきた。

久しぶりにヨドバシカメラで購入
バラエティ家電の夢 1万円

 福袋記事エンタメ編のトップバッターを務めるのは、今や秋葉原で販売される福袋の花形とも言えるヨドバシカメラ・マルチメディアAkibaで販売された「バラエティ家電の夢」だ。当初こちらを購入する予定はなかったのだが、9時過ぎの段階にも関わらず奇跡的に残っていたので思わず衝動買いしてしまった。

ヨドバシアキバの福袋は、秋葉原のなかでもかなり早いタイミングで販売が開始される。そのため、福袋購入リレー者にとっては前哨戦の意味合いも強い
こちらがバラエティ家電の夢。余談だが、一緒に書かれている絵が中身を示唆していることが多い。今年はどんなものが入っているのだろうか
箱を開けたところ。いつもながらヨドバシカメラの福袋みっしり感は素晴らしい
中身をどーんとご紹介。どうやら今回は大物が2つ入った構成だったみたいだ
布団のダニを除去できるという触れ込みのクリーナー「レイコップ」。毎分3000~3600回転の振動で布団のダニを叩き出せるとか
バナナなどでおなじみのDole製のスムージーメーカー「yonanasu」。凍らせた果物をぶち込むだけで冷え冷えのスムージーが作れるシロモノだ。今の季節だと正直う~んだが、夏になったら美味しくいただけそう
長い時間冷たい飲み物や温かい飲み物をそのままの状態を保てるグラスとタンブラー。類似品を筆者は持っているが、これを実感したら離れがたいくらいの実用性がある
カニさんのハサミがレジャーシートなどを固定してくれる杭付きのシートホルダー
目が位置が絶妙でちょっと使いづらかった……
電子レンジにもそのまま使えるシリコン製のざる。パスタの湯切りなどで活躍できそうだ
水道水を美味しくいただけるようにする水素水生成スティック「ヴァルナゲン」。1本で2リットルの水素水を約6ヵ月間作り続けられるとか

【関連サイト】

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社