このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

新春アキバ福袋大特集2014 ― 第1回

2014年の福袋は? アキバで約10万円買いまくり【デジタル編】

2014年01月02日 00時00分更新

文● ASCII.jp編集部 北村、撮影● 伊藤真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 毎年恒例の秋葉原福袋購入特集。今年も予算を10万円計上して、アキバで目についた福袋を買い漁ってきた。福袋の中身から、昨今の流行や景気を見ていくとしよう。

今回はタクシーのトランクに入りきらない量の福袋を購入してしまった。若干想定を超えたので領収書が通るかビビっている

タブレットが即完売となった
2014年のデジタル系福袋

 2014年は、G-Tune:Garage 秋葉原店が元旦の福袋販売に初参戦。BUYMORE秋葉原本店も、これまでTWOTOPとして福袋を販売していたが、BUYMOREになってからは初の参戦となった。
 今年の福袋は、毎年人気で即完売するノートパソコンに加え、タブレット人気が加速。ノートパソコン並みに完売するのが早かった。

Windows タブレットに人気が集中
ソフマップ秋葉原本館

 毎年豊富な種類の福袋をラインナップするソフマップ。昨年タブレットの福袋が買えなかった苦い思いをした取材班。今年は早めに列に並び、タブレットの福袋を狙うことにした。

多くの人が行列を作ったソフマップ秋葉原本館。10.6型Windowsタブレット福袋(2万9800円)と7型タブレット福袋(9980円)が人気だった

 今年は、7型タブレット福袋(9980円)、7型Androidタブレット福袋(9800円)、10.6型Windowsタブレット福袋(2万9800円)、10.1型Windowsタブレット福袋(3万9800円)と、タブレットだけでも4種類と豊富。そこで編集部ではいちばん旬であろう10.6型Windowsタブレット福袋(2万9800円)を選択。無事お目当ての福袋をゲットできた。

今が旬、持ってるだけで羨ましがられる
「10.6型Windowsタブレットの福袋」 2万9800円

買ってきたのは10.6型Windowsタブレットの福袋。10.6型のWindowsタブレットといえば、まずSurfaceがまず思い浮かぶが果たして中身は……
袋の中から出てきたのは「Surface RT 64GB」だ!
初代とはいえ、64GBのSurfaceが手に入るとは! しかもタッチカバー付き。今は値下げされているが、最初は6万5800円で販売された高級品だ。これは今回の福袋最大の当たりと言ってもいいだろう

初の元旦営業に気合が入る
G-Tune:Garage 秋葉原店

 2013年に自作パーツ街にオープンしたマウスコンピューター直営のPCショップG-Tune:Garage 秋葉原店。ここではデジタル系福袋としては最安の500円福袋を販売していた。かなり小さい福袋だが、その中身が気になったので購入してみた。

マウスコンピューターのゲームPC専門店「G-Tune:Garage 秋葉原店」。福袋は3種類あった。500円の初売り福袋は中身がわからないので購入してみた
残り2種類の福袋は、21440円相当の「ロジクールゲーミングデバイス福袋」(1万5750円)と、1万3440円相当の「マッドキャッツゲーミングデバイス福袋」(1万500円)

デジタル系最安の福袋
「オーディオプレーヤーorフォトフレーム福袋」 500円

購入時には気が付かなかったが、福袋にはオーディオプレーヤーorフォトフレームと小さく書かれていた出てきたのはiriverのポータブルオーディオプレーヤー「T7」。4GBのメモリーを内蔵するので、USBメモリーとしても使える。500円ならこれはお得!?

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社