このページの本文へ

デスクトップPCも1機種発表、HDDを2基搭載可能

東芝、13.3~17.3型までWin8.1搭載dynabookを大量投入!

2013年11月20日 16時33分更新

文● 菅谷/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
東芝がノートPC8機種とデスクトップPC1機種を発表。写真はdynabook R644

 東芝が11月19日、企業向けノートPC8機種、デスクトップPC1機種の計9機種を発表した。11月下旬より順次発売する予定だ。

 全機種とも、OSはWindows 8.1もしくはWindows 7を選択できる。メモリーやストレージの拡張、Office Personal 2013/Office Home and Business 2013の選択、Webカメラの追加など各種カスタマイズも可能だ。なお、モデルによりカスタマイズの範囲は異なる。

dynabook R644

 dynabook R644は約1.5kgの14型ノートPCで、CPUがCore i5-4300U、メモリーが4GB(8GBにカスタマイズ可能)となる。ディスプレーは1600×900ドットのHD+液晶もしくは1366×768ドットのHD液晶、ストレージは128GB SSDもしくは320GB HDを用意している。主なスペックとカスタマイズの詳細は以下の通り。

dynabook R644のスペックとカスタマイズの詳細

dynabook R654

 dynabook R654は15.6型のノートPCで、4モデルをラインアップ。全モデル共通でCPUにCore i5-4300U vProを搭載する。ディスプレーは、1920×1080ドットのフルHD液晶、1366×768ドットのHD液晶の2種類を用意。R644同様に、ストレージや質量により分類される。価格は25万2000円から。主なスペックとカスタマイズの詳細は以下の通り。

dynabook R654とスペックとカスタマイズの詳細

dynabook B654

 dynabook B654は15.6型のノートPC。CPUがCore i7-4600M vPro/Core i5-4300M vProのいずれか、ディスプレーがフルHD/HDのいずれかの違いなどにより4モデルをラインアップする。全モデル共通で、メモリーは2GB、ストレージは320GB HDDを搭載する。価格は24万1500円から。主なスペックとカスタマイズの詳細は以下の通り。

dynabook B654とスペックとカスタマイズの詳細

dynabook B554

 dynabook B554は15.6型のノートPCで、4モデルをラインアップする。CPUが全モデルで異なり、それぞれCore i7-4600M/Core i5-4300M/Core i5-4200M/Core i3-4000Mで構成される。全モデル共通でメモリーは2GB、ストレージは320GB HDDを搭載する。価格は19万8450円から。主なスペックとカスタマイズの詳細は以下の通り。

dynabook B554とスペックとカスタマイズの詳細

dynabook B374

 dynabook B374は17.3型のノートPC。CPUにCore i5-4300M、メモリーに2GB、ストレージに320GB HDDを搭載する。駆動時間は約5.2時間。ラインアップは1製品のみで、価格は22万6800円から。主なスペックとカスタマイズの詳細は以下の通り。

dynabook B374とスペックとカスタマイズの詳細

dynabook B254

 dynabook B254は15.6型のノートPC。CPUにCore i3-4000M、メモリーに2GB、ストレージに320GB HDDを搭載する。駆動時間は約2.8時間。ラインアップは1モデルのみとなる。価格はオープンで、実売価格は17万円台からを想定している。主なスペックとカスタマイズの詳細は以下の通り。

dynabook B254とスペックとカスタマイズの詳細

EQUIUM 4030

 EQUIUM 4030はデスクトップPC。CPUがCore i7-4470/Core i5-4570、ストレージに500GB HDDを1基搭載か2基かの違いなどにより6モデルをラインアップする。価格は24万450円から。主なスペックとカスタマイズの詳細は以下の通り。

EQUIUM 4030とスペックとカスタマイズの詳細

 13.3型スリムノートPC「dynabook R634」と光学式ドライブ内蔵の13.3型ノート「dynabook R734」については、別記事で紹介している(詳細記事

カテゴリートップへ

東芝ダイレクト

インテルバナー