このページの本文へ

R734も全14モデルラインアップ、全て1.5kg以下

東芝、22時間駆動/1.199kgの13.3型ノートPC「dynabook R634」

2013年11月19日 17時36分更新

文● 菅谷/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
企業向けに発表された13.3型ノートPC dynabook R634(左)とdynabook R734(右)

 東芝は11月19日、13.3型スリムノートPC「dynabook R634」と光学式ドライブ内蔵の13.3型ノート「dynabook R734」を発表した。両モデルともに11月下旬発売予定。

dynabook R634

 dynabook R634は、CPUの違いによる全3モデルがラインアップ。全モデルで、業界最長クラスをうたう約22時間の長時間バッテリー駆動を実現する。筐体はマグネシウム合金鋳造や薄肉筐体堅牢化術などにより、1.199kg、最厚部17.9mmの軽量・薄型ボディとなっている。また、従来機種と比べて天面からの圧力に対して約50パーセント、ねじりに対しても約500パーセント強度をアップし、高い堅牢性を持つという。

 全モデル共通で第4世代インテル Core プロセッサーを選択可能。4GBメモリー、128GB SSDを搭載する。OSはWindows 8.1もしくはWindows 7を選択できる。メモリーやストレージの拡張、Office Personal 2013/Office Home and Business 2013の選択、Webカメラの追加などのカスタマイズも可能だ。価格は25万7250円から。主なスペックとカスタマイズの詳細は以下の通り。

dynabook R634のスペックとカスタマイズ詳細
東芝ダイレクトにはR634の限定モデルも

dynabook R734

 dynabook R734は、14モデルがラインアップ。全モデルで1.5kg以下の軽量ボディを実現している。ニーズに合わせてストレージをSSD/HDDのいずれかを選択可能。容量はSSDが128GBまたは256GB、HDDでは320GBの計3通りが用意されており、SSDを採用したモデルでは最長17時間駆動する。OSはWindows 8.1もしくはWindows 7を選択可能。また、メモリーやストレージ、Officeスイート、webカメラなどのカスタマイズにも対応している。価格は22万2600円から。主なスペックとカスタマイズの詳細は以下の通り。

dynabook R734のスペックとカスタマイズ詳細

カテゴリートップへ

東芝ダイレクト

インテルバナー