このページの本文へ

【ドコモ冬スマホ】スマホ8機種 小型高性能Xperiaや日本専用GALAXYも ― 第11回

コンパクトでハイスペック!「Xperia Z1f」をチェック!

2013年10月12日 14時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コンパクトな4.3型ディスプレーに
Xperia Z1と同じスペックと搭載!

 ドコモ冬春モデル発表会で人気だったのは、やはり「Xperia Z1」だったが、負けないくらい注目を集めていたのがこの「Xperia Z1f SO-02F」だ。Xperia Z1はauにもあるが、このモデルはドコモ限定だ。

 Xperia Zを大幅にアップデートしたXperia Z1だが、5型ディスプレーモデルは大きいと感じる人もいるだろう。しかし、このXperia Z1fは中身がほぼ同じで4.3型ディスプレーのコンパクトモデルだ。スマホは手にすっぽり収まるのがいい! という人はこれで決まりだ。

 CPUはSnapdragon 800 2.2GHz(クアッドコア)で、メモリーは2GB、内蔵ストレージは16GBを搭載。下り最大150MbpsのXi、防水・防塵に対応。Xperia Z1と違って、フルセグとNOTTV、赤外線通信に対応していない。

 ディスプレーは4.3型液晶で解像度は720×1280ドットとフルHDではないが、サイズは幅65mmと冬春モデルの中ではもっともコンパクト。大型化傾向のスマホデザインに一石を投じるモデルといえるだろう。

 Xperia Z1と同じくカメラ機能が最大の特徴で、1/2.3型の2070万画素CMOSを搭載し、F値2.0の明るい「Gレンズ」が採用された。シャッターを押した前後各1秒間、計61枚の写真からベストショットを残せる「タイムシフトバースト」機能や、拡張現実を利用したデコレーション「ARエフェクト」も用意されている。

 デザインはXperia Z1と同様に背面はガラスで、側面はアルミ素材のフレームを採用。まさにXperia Z1がそのまま小型化されたモデルだ。カラバリはLime、Black、White、Pinkの4色をラインナップする。

1/2.3型の2070万画素CMOSのカメラ背面もガラスになった
インカメラも220万画素となかなかの実力前面にハードキーはない
ストラップホールやシャッターキーを搭載
Xperiaシリーズの象徴となった電源キーもそのまま
防水だが、キャップが多いスタミナモードを有効にすれば、さらにバッテリーの持ちはよくなる
同時に発表されたXperia Z1fの周辺機器(アクセサリー)たち
ソニーからリリース予定のレンズ型カメラにも対応するカラバリも豊富だが、ケースはもっと豊富
同じコンパクトなiPhone 5sと比較してみた。当然ながらXperia Z1fのほうが大きいが、それほどサイズ感は違わない

「Xperia Z1f SO-02F」の主なスペック
メーカー ソニーモバイルコミュニケーションズ
ディスプレー 4.3型液晶
画面解像度 720×1280ドット
サイズ 約65×127×9.4mm
重量 約140g
CPU Snapdragon 800 2.2GHz(クアッドコア)
内蔵メモリー(RAM) 2GB
内蔵ストレージ(ROM) 16GB
外部メモリー microSDXC(最大64GB)
OS Android 4.2
Xi ○(下り150Mbps)
Xi対応周波数 2GHz/1.5GHz/1.7GHz/800MHz
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
テザリング ○(最大16台)
カメラ画素数 リア:約2070万画素CMOS/イン:約220万画素CMOS
バッテリー容量 2300mAh(交換不可)
FeliCa ○(+NFC)
ワンセグ
NOTTV ×
赤外線 ×
防水/防塵 ○/○
Qi ×
SIM形状  
連続待受時間(3G/LTE) 未定
連続通話時間(3G) 未定
カラバリ Lime、Black、White、Pink
発売時期 12月下旬

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART