このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 ― 第74回

Xperia Z1f、URBANO、AQUOS、コンパクトスマホ最速はどれ?

2014年03月03日 12時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 コンパクトスマホを比較する第2回は、Xperia Z1f、URBANO、AQUOS PHONE Xx miniの3機種を使ってのスピードチェック。スクロールや文字入力といった操作がスムーズか? 通信速度はどうか? などを見ていく。本体サイズや画面サイズの若干の差、そしてスペックの違いは影響するのだろうか。

ドコモ「Xperia Z1f SO-02F」au「URBANO L02」ソフトバンク「AQUOS PHONE Xx mini 303SH」

スペックではXperiaとAQUOS PHONEがリード
URBANOはここがチャンス?

 比較しているのは、今回もドコモ「Xperia Z1f SO-02F」au「URBANO L02」ソフトバンク「AQUOS PHONE Xx mini 303SH」の3台だ。主なスペックと機能は以下の通り。

  ドコモ
「Xperia Z1f
SO-02F」
au
「URBANO
L02」
ソフトバンク
「AQUOS PHONE
Xx mini
303SH」
メーカー ソニーモバイル 京セラ シャープ
本体サイズ 約65×127×9.4mm 約65×134×11mm 約63×124×9.9mm
重量 約140g 約142g 約117g
画面サイズ 4.3型 4.7型 4.5型
画面解像度 720×1280ドット 720×1280ドット 1080×1920ドット
OS Android 4.2.2 Android 4.2.2 Android 4.2.2
CPU クアッドコア 2.2GHz デュアルコア 1.5GHz クアッドコア 2.2GHz
ROM/RAM 16GB/2GB 16GB/2GB 16GB/2GB
メモリーカード microSDXC(64GB) microSDXC(64GB) microSDXC(64GB)
下り最大通信速度 150Mbps
(Xi)
100Mbps
(4G LTE)
112.5Mbps
(SoftBank 4G LTE)
LTE対応周波数 2GHz/1.7GHz
/1.5GHz/800MHz
2GHz/1.5GHz
/800MHz
2.5GHz(AXGP)
/2GHz/1.7GHz
/900MHz
無線LAN 2.4/5GHz対応 2.4/5GHz対応 2.4/5GHz対応
テザリング ○(最大10台) ○(最大10台) ○(最大10台)
カメラ画素数 2070万画素CMOS
(裏面照射型)
1300万画素CMOS
(裏面照射型)
1310万画素CMOS
(裏面照射型)
インカメラ 220万画素CMOS
(裏面照射型)
97万画素CMOS
(裏面照射型)
120万画素CMOS
(裏面照射型)
防水/防塵 ○/○ ○/○ ○/×
ワンセグ連続視聴 8時間20分 9時間10分 8時間30分
フルセグ連続視聴 非対応 非対応 非対応
FeliCa
赤外線通信 ×
NFC
Bluetooth 4.0 4.0 4.0
MHL(HDMI) ×
Miracast
SIM形状 microSIM nanoSIM nanoSIM
バッテリー容量 2300mAh 2700mAh 2120mAh
Qi × ×
カラバリ Lime、Black、White、Pink シルバー、グリーン、ピンク ターコイズ、ブラック、ホワイト、レッド、ブルー、ゴールド、ライトピンク、ビビッドピンク

 スペック比較ではAQUOS PHONE Xx mini、トータルコストではXperia Z1fがリードと判断し、この2機種を同率1位とした(関連記事)。URBANOはスペック面で若干見劣りした感がある。

 今回は3機種が得意そうな片手操作時のテストもある。5型以上の大画面スマホと比べてどんな成績を残せるだろうか?

Gmail500通スクロールは
AQUOS PHONE Xx mini勝利

 最初のテストは500通のメールをスクロールし、そのタイムを競う。あらかじめGmailで500通受信しておき、片手操作で3回スクロール。計測にはストップウォッチを使用した。

  Xperia Z1f URBANO L02 AQUOS PHONE Xx mini
最速タイム 5秒87 7秒79 4秒02
平均タイム 6秒64 8秒78 4秒96

 これは最速、平均ともにAQUOS PHONE Xx miniが勝利。スクロールの途中で強く止まることがあるものの、省略表示のおかげであっという間に500通目に到達する。ずっと滑らかとは言えないものの、スクロールが断然速いのはこの機種だ。

 Xperia Z1fは2位。こちらはスクロールが滑らかで気持ちが良かった。途中数回軽く止まるものの、スムーズに再開するのでずっと画面が流れていく感じ。快適なスクロールという意味ではNo.1だ。AQUOSとXperiaはこれまでもスクロールが速いブランドだ。

 URBANOはスクロールが滑らかではあるものの、省略表示が少ないらしく、スクロールにかかる時間が長い。省略し過ぎたり、高速過ぎるスクロールは、逆にメールが見つけにくい部分もあるので、本機の対象ユーザーを考えるとこれくらいのほうがちょうどいいのかもしれない。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART