このページの本文へ

富士見iPhoneクラブ ― 第167回

iOS 7のAirDropなら、写真や連絡先の交換がワイヤレスで超簡単!

2013年10月11日 12時00分更新

文● 富士見iPhoneクラブ製作委員会(構成:じまP)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士見iPhoneクラブのメンバーが、iPhoneのちょっとした使いこなしテクを毎回紹介していく。iPhone上級者なら「なにを今さら…」と思うかもしれないが、案外知らなかったり、使っていなかったりするネタもあるかもしれないぞ。

コントロールセンターから呼び出すAirDropでファイル送受信はラクラクなのです

 これまでのiPhoneでは、ガラケーやAndroidの一部端末のように、赤外線機能によるデータ交換ができなかった。よって電話番号などを直接入力したり、メールで写真を交換したりということになるわけだが、飲み会などでメールアドレスや写真を交換するときにめんどくさがられ、チャンスを失った読者もいるかもしれない……とは、iPhoneクラブきってのリア充(自称)、ニッシーさんの談である。

 それはともかく、iPhone 5s/5cにも、赤外線機能は搭載されていない。しかし、iOS 7から使用可能となった、AirDropがある。BluetoothかWi-Fiを使って、写真や連絡先をラクラク共有できるスマートな機能なのだ。

 なおAirDropが使えるiPhoneは、iOS 7以降をインストールしたiPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5。iPhone 4、4Sでは利用できないので注意。他に利用できるiOSデバイスは、iPad mini、iPad(第4世代)、iPod touch(第5世代)だ。

 まずは画面下から上にスワイプして、コントロールセンターを引き出そう。ちなみにこのコントロールセンターの使い方も、iPhoneクラブで解説しているのでチェックしてほしい(関連記事)。そして、AirDropの設定部分をタップ。ちなみにこのとき、AirDropが利用するWi-FiやBluetoothも合わせてオンになる。

画面下からスワイプして引き出すコントロールセンターでオンにする
「全員」を選べば通信可能な相手全員とAirDropによる送受信が可能だが、「知らない人と繋がるのは……」という場合は「連絡先のみ」を選んだほうがいいかも

 使い方は、メールやSMSで画像を送るのと同じ感覚だ。一例として、写真を共有してみよう。まず「写真」アプリで、送りたい写真をタップで選択。画面左下のアイコンをタップする。

写真アプリから送信したい写真を選びタップ。画面左下のアイコンをタップする

 AirDropをオンにしていれば、下から引き上がるように現れたメニューの一番上にAirDropの項目があるはず。そこに、AirDropで通信可能なユーザーが表示されるので、タップしてみよう。

AirDropで共有できる相手が表示されるのでタップする。これで送受信が完了……というわけではなく、待機中となる

 これで、写真の共有が開始……となるわけではなく、「待機中」の表示が。この間、写真を送られる側には通知の画面が出ているのだ。ここで「受け入れる」をタップすれば、送信開始となる。受けとりたくない場合は「辞退」を選べばよい。

こちらはAirDropでファイルを受信する側の画面。「受け入れる/辞退」という選択肢が出る相手が「受け入れる」をタップしたので、「待機中」の表示が「送信中」に

 同じ手順で連絡先も送信可能だ。「連絡先」アプリで送りたい連絡先を選んだら、画面を下の方にスクロールしていくと「連絡先を送信」という項目があるので、それをタップする。あとは写真を交換する場合と手順は同じだ。

連絡先アプリから連絡先を選び、舌の方にスワイプしていくと「連絡先を送信」があるのでタップ。あとは写真の送受信と同じだ
連絡先が送られ、「受け入れる」を選べば連絡先アプリが開く。登録したい場合は「保存」を忘れずにタップしよう。ちなみに「Safari」で見ているウェブページや、「メモ」アプリの文章なども共有できる

 なお、連絡先を送信した場合、受信した側では連絡先アプリが開かれるので、そのまま「保存」を押せば連絡先を保存できる。AirDropでは「Safari」で見ているウェブページや「メモ」アプリの文章なども共有できるが、前者ならSafari、後者ならメモといった具合に、対応したアプリが自動で開かれるのは、さすが純正の機能といったところだ。


このテクを使っている覆面:ニッシーさん

 ガラケーやAndroidなどで、赤外線で連絡先を交換するのは飲み会でおなじみの光景だが、iPhoneユーザーはリア充たる私のようなコミュ力でもない限り、直接聞き出して入力するしかなかった。しかしこのAirDropはそれよりも手軽な上、iPhone 5s/5cを買った女性とのトークのきっかけにもなるので、活用しない手はないぞ。もちろん、仕事でも使える場面は多いはずだ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中