このページの本文へ

ソフトバンク冬春スマホはTD-LTE&FD-LTE両対応の最強4モデル ― 第4回

小型ボディーにIGZO搭載「AQUOS PHONE Xx mini」

2013年09月30日 15時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

見た目コンパクト、中身はハイスペック
AQUOS PHONE Xx mini 303SH

 いまや5型以上が主流になっているAndroidスマホ市場で、4.5型とあえてコンパクトなサイズを狙ったのが、この「AQUOS PHONE Xx mini 303SH」(シャープ製)だ。

 4.5型のディスプレーはフルHD(1080×1920ドット)に対応、さらにIGZOパネルを採用しており、2120mAhのバッテリーと省エネモードのおかげで、通常使用で約2日間は使えるという。また、ボディーサイズは約63×124×9.8mmと4.5型スマホの中では最小クラスのコンパクトさ。302SHと同じく狭額縁デザインで、このディスプレーと本体サイズを両立させた。

 本体は小さくても中身は最強クラス。CPUは最新のSnapdragon 800 2.2GHz(クアッドコア)、メモリーは2GB、内蔵ストレージは16GB、外部ストレージはmicroSDXC(最大64GB)に対応する。

 リアカメラは1310万画素で、F値は1.9と暗所に強く、302SHと同じくカメラに映した英語をリアルタイムで翻訳する「翻訳ファインダー機能」を搭載している。さらにカラバリも豊富で、ターコイズ、ブラック、ホワイト、レッド、ブルー、ゴールド、ライトピンク、ビビッドピンクの8色がラインナップされる。

 AQUOS PHONE Xx 302SHとほぼ同等のスペックもであり、画面サイズは小さいほうがいいという人は、この“mini”を選ぶといいだろう。

ターコイズゴールドビビッドピンク
ブラックブルーホワイト
ライトピンクレッド
「AQUOS PHONE Xx mini 303SH」の主なスペック
メーカー シャープ
ディスプレー 4.5型IGZO液晶
画面解像度 1080×1920ドット
サイズ 約63×124×9.8mm(暫定値)
重量 未定
CPU Snapdragon 800 2.2GHz(クアッドコア)
内蔵メモリー(RAM) 2GB
内蔵ストレージ(ROM) 16GB
外部メモリー microSDXC(最大64GB)
OS Android 4.2
4G対応 下り最大110Mbps
(AXGP/FDD-LTE)
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac
(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:約1310万画素CMOS/イン:約120万画素CMOS
バッテリー容量 2120mAh(交換不可)
FeliCa ○(+NFC)
ワンセグ
赤外線
防水/防塵 ○/ 
連続待受時間
(3G/LTE)
未定
連続通話時間(3G) 未定
カラバリ ターコイズ、ブラック、ホワイト、レッド、ブルー、ゴールド、ライトピンク、ビビッドピンク
発売時期 2014年2月下旬以降

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART