このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

工芸品のように緻密なツールフリー構造でストレージ増設も手間いらず

Haswell最強CPUをラインナップした「Endeavor Pro5500」

2013年07月01日 11時00分更新

文● 真島 颯一郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

プラットフォームを刷新した新モデルが登場

 エプソンダイレクトの中でも、特に拡張性が幅広く、メンテナンス性の高い「Endeavor Pro」シリーズ。BTOメニューにもパワフルなパーツを取り揃えている、同社のフラッグシップシリーズだ。その「Endeavor Pro」シリーズの新モデル「Endeavor Pro5500」がリリースされた。新モデルでは、発表されたばかりのCPU第4世代インテルCore iシリーズを採用。大幅にパフォーマンスが向上されている。さっそく、新モデルをチェックしてみよう!

「Endeavor Pro5500-H」
試用機の主な仕様
CPU Core i7-4770K(3.5GHz)
メモリー 32GB(DDR3 1600MHz)
チップセット インテル Z87 Express
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 680
ストレージ SSD 256GB
OS Windows 8 Pro 64bit
電源 1000W
サイズ/重量 幅217×奥行き500×高さ471mm(キャリングハンドル装着時、突起部除く)/約17.5kg
直販価格 35万3850円

第4世代インテルCore iシリーズ最強のCPUをラインナップ

 まず注目したいポイントは、やはりCPU。BTOメニューには、いちはやく第4世代、いわゆるHaswell世代のCore i5とCore i7をラインナップ。Core i5に4670K(3.4GHz)を用意したほか、Core i7では現段階で最強の4770K(3.5GHz)を選択できる。最高クラスのCPUを積極的にラインナップしてくるあたりは、パフォーマンスにこだわるProシリーズならではだ。

 また「Endeavor Pro5500」ではハイパフォーマンスを支えるための“足回り”も充実させている。650W搭載モデル(Pro5500-M)に加えて、1000W搭載モデル(Pro5500-H)を用意。同社のBTOメニューからカスタマイズする範囲であれば650W電源で十分にカバーできるが、市販のグラフィックボードを追加するなど、さらにパーツを拡張したいユーザーに向けて1000W搭載モデルを用意しているというわけだ。

長さ312mmのフルサイズボードにも対応できるように設計されているPCI Express ×16を2本装備しており、市販の「GeForce GTX 780」などに換装することも可能

 なお、本製品の特徴として“拡張スロットもカスタマイズが可能”というメニューが用意されている。それは、下側に配置された2本の拡張スロットをPCIもしくはPCI Express ×1からカスタマイズで選べる仕組みだ。近頃は、インターフェースカードなど、PCI Express ×1対応のカードも一般的になっており、PCI経由で利用しているデバイスがなければ、変更しておいて損はないだろう。

拡張スロットの下側の2段は、PCIを2本にするか、PCI Express ×1を2本にするか、ユーザーが任意に選べる

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン