このページの本文へ

後日Windows 8.1モデルモリリース予定。目的に合わせて選ぼう!

Ivy Bridge-E搭載の新フラッグシップ「Endeavor Pro8000」—エプソンダイレクト

2013年10月08日 11時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Ivy Bridge-EアーキテクチャーのCore i7を搭載した新フラッグシップ「Endeavor Pro8000」

 エプソンダイレクトは10月8日、デスクトップPC「Endeavor Pro8000」を発表した。

 Endeavor 7500の後継モデルで、同社製デスクトップPCの新たなフラッグシップに位置づけられる。Ivy Bridge-EアーキテクチャーのCPUを搭載し、チップセットにはX79 Expressを採用した。

 基本構成はCore i7-4820K(3.70GHz)、4GBメモリー、Radeon HD6570、500GB HDD。650W電源のモデルが19万1100円で、1000W電源のものが20万3700円となっている。

 BTOに対応し、CPUはCore i7-4930K(3.40GHz)およびCore i7-4960X(3.60GHz)から、GPUはGeForce GTX 770やQuadro K2000Dからも選択可能。メインメモリー容量は最大64GBまでカスタマイズできる。

 OSはWindows 7 Home Premiumを標準で搭載。Professional、Ultimateも選択可能だ。なお、時期は未定となるが、Windows 8.1をプリインストールしたモデルも後日用意される予定。

 基本構成モデルの詳細なスペックは以下の通り。

基本構成モデルの主なスペック
型番 Endeavor Pro8000
CPU Core i7-4820K(3.70GHz)
グラフィックス Radeon HD6570
メモリー 4GB DDR3
ストレージ 500GB HDD
インターフェース USB 3.0端子×4、USB 2.0端子×5、
マイク端子×1、ヘッドフォン端子×1、ライン入出力端子×1
光学式ドライブ DVD-ROMドライブ
寸法 約幅650×奥行き435×高さ600mm
OS Windows 7 Home Premium

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン