このページの本文へ

GPUやメモリー、OSも選択できる豊富なBTOに対応

Core i7-4790K構成も、ストレージ着脱可能なミニタワー「Endeavor Pro5600」-エプソンダイレクト

2014年08月19日 11時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Devil's Canyon」ことCore i7-4790K(4.0GHz)が選択可能なミドルタワーPC「Endeavor Pro5600」

 エプソンダイレクトは8月19日、オーバークロックに注力した最速のCore i7プロセッサーで、「Devil's Canyon」ことCore i7-4790K(4.0GHz)が選択できるミドルタワーPC「Endeavor Pro5600」の販売を開始した。

 Endeavor Pro5600は、フロント部からストレージの着脱が可能な構造のケースを採用する「Endeavor Pro5500」の後継モデルで、ケースは従来モデルのものを継承している。ストレージは最大4基、光学ドライブは最大2枚搭載できる。

 CPUはCore i7-4790K(4.0GHz)のほか、Core i3-4150(3.5GHz)やCore i5-4690K(3.5GHz)なども選択可能。GPUはRadeon R7 240やGeForce GTX770、Quadro K2000Dなどが選べる。

 メモリーは4GB/8GB/16GB/32GB、ストレージは500GB/1TB/2TB HDDや128GB/256GB/512GB SSDなどの構成が可能だ。OSはWindows 8.1(64bit)やWindows 8.1 Pro(64bit)、Windows 7 professional SP1(64bit)などが選択できる。

 価格は、650Wの電源を搭載するモデルが12万1000円から(税別、送料別、以下同)で、1000W電源モデルが13万3000円から。

コンパクトかつ拡張性を備えたケースを採用する「Endeavor MR7300」

 また、コンパクトかつ拡張性を備えたケースが特徴の「Endeavor MR7300」の販売も開始した。

 Endeavor MR7300は、Core i7-4790K(4.0GHz)やCeleron G1840(2.8GHz)、Pentium G3240(3.1GHz)などが選択でき、CPU内蔵のGPUに加えてCAD/CG向けのGPUなどが搭載できる。メモリーは4GB/8GB/16GB/32GBで、ストレージはHDDやSSDなど11種類の構成が可能だ。

 OSもWindows 8.1(64bit)やWindows 7 Proffesional SP1(64bit)などが選択できる。価格は電源が350Wのモデルが6万6400円から、650W電源モデルが7万3400円。

エプソンダイレクト株式会社

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART