このページの本文へ

GPUやメモリー、OSも選択できる豊富なBTOに対応

Core i7-4790K構成も、ストレージ着脱可能なミニタワー「Endeavor Pro5600」-エプソンダイレクト

2014年08月19日 11時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Devil's Canyon」ことCore i7-4790K(4.0GHz)が選択可能なミドルタワーPC「Endeavor Pro5600」

 エプソンダイレクトは8月19日、オーバークロックに注力した最速のCore i7プロセッサーで、「Devil's Canyon」ことCore i7-4790K(4.0GHz)が選択できるミドルタワーPC「Endeavor Pro5600」の販売を開始した。

 Endeavor Pro5600は、フロント部からストレージの着脱が可能な構造のケースを採用する「Endeavor Pro5500」の後継モデルで、ケースは従来モデルのものを継承している。ストレージは最大4基、光学ドライブは最大2枚搭載できる。

 CPUはCore i7-4790K(4.0GHz)のほか、Core i3-4150(3.5GHz)やCore i5-4690K(3.5GHz)なども選択可能。GPUはRadeon R7 240やGeForce GTX770、Quadro K2000Dなどが選べる。

 メモリーは4GB/8GB/16GB/32GB、ストレージは500GB/1TB/2TB HDDや128GB/256GB/512GB SSDなどの構成が可能だ。OSはWindows 8.1(64bit)やWindows 8.1 Pro(64bit)、Windows 7 professional SP1(64bit)などが選択できる。

 価格は、650Wの電源を搭載するモデルが12万1000円から(税別、送料別、以下同)で、1000W電源モデルが13万3000円から。

コンパクトかつ拡張性を備えたケースを採用する「Endeavor MR7300」

 また、コンパクトかつ拡張性を備えたケースが特徴の「Endeavor MR7300」の販売も開始した。

 Endeavor MR7300は、Core i7-4790K(4.0GHz)やCeleron G1840(2.8GHz)、Pentium G3240(3.1GHz)などが選択でき、CPU内蔵のGPUに加えてCAD/CG向けのGPUなどが搭載できる。メモリーは4GB/8GB/16GB/32GBで、ストレージはHDDやSSDなど11種類の構成が可能だ。

 OSもWindows 8.1(64bit)やWindows 7 Proffesional SP1(64bit)などが選択できる。価格は電源が350Wのモデルが6万6400円から、650W電源モデルが7万3400円。

エプソンダイレクト株式会社
エプソンダイレクト株式会社

カテゴリートップへ

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

デスクトップPC一覧はこちら

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

ノートPC・タブレット一覧はこちら

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

タッチパネルPC一覧はこちら

エプソンダイレクト株式会社

周辺機器一覧はこちら

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社

エプソンダイレクト株式会社