このページの本文へ

富士見iPhoneクラブ ― 第129回

iPhoneカメラのHDR機能をあらためて使ってみる

2013年04月24日 16時30分更新

文● 富士見iPhoneクラブ製作委員会(構成:じまP)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士見iPhoneクラブのメンバーが、iPhoneのちょっとした使いこなしテクを毎回紹介していく。iPhone上級者なら「なにを今さら…」と思うかもしれないが、案外知らなかったり、使っていなかったりするネタもあるかもしれないぞ。

 iPhoneのカメラアプリは実に手軽だ。撮りたいものがあれば、さっと起動してシャッターを押せばいい。しかし、さすがに限界もある。iPhoneのカメラは、画面をタッチするとAF(オートフォーカス)機能が働き、そこにピントが合うことを知っている人は多いはず。しかし、暗いところにピントを合わせると、明るい部分が白くなりすぎることがある。その逆もしかりで、明るいところにピントを合わせると、暗いところが真っ黒に……ということもある。そんなときに役立つのが、HDR機能なのだ。

カメラアプリの「オプション」をタップすると出てくるHDR。「ハイダイナミックレンジ」のこと。何やら難しそう……と尻込みする必要はないぞ

 カメラを起動して、「オプション」をタップすると登場する「HDR」という表示。これは「ハイダイナミックレンジ」のこと。明るめの写真、暗めの写真、その間という、露出が異なる3枚を連写し、それらを合成して、ちょうどよいバランスの写真に仕上げてくれる機能だ。

明るい方にフォーカスすると暗くなり、暗い方にフォーカスすると明るくなる。なら、それらを合成すればいいのでは? というのがHDRの基本的な考え

 使い方はとっても簡単。カメラアプリを起動して、「HDR」をオンにして写真を撮ればいい。あとはiPhoneが自動で仕上げてくれるので、特に難しい操作は必要ない。ただし、連写して合成するという性質上、動きのあるものを撮ったり、撮影中にiPhoneを動かしてしまうと、対象がブレて撮れてしまうことがあるので注意が必要だ。

HDR機能をオンにしてタップするだけ。あとはiPhone任せでOK

 また、HDR機能を使った写真と、標準露出の写真の両方を残すということもできる。「設定」アプリから、「写真とカメラ」をタップして、下部にある「通常の写真を残す」をオンにしよう。HDRで合成した写真と、通常の写真がカメラロールに保存される。あとは、好みに応じて好きな方を選べばよいというわけだ。

「設定」アプリから、「写真とカメラ」→「通常の写真を残す」をオンに。HDRの写真と、標準露出の写真の両方がカメラロールに保存される

このテクを使っている覆面:じまPさん

 iPhoneのカメラは手軽さがウリですが、その分細かく調整できない部分もあります。AF機能もあるとはいえ、写真が明るくなりすぎたり、暗くなりすぎたりということで悩んでいる人も少なくないのでは。HDRは明るい写真と暗い写真を合成させることで、「いい感じ」に仕上げてくれる機能。設定するだけでいいので、気軽に使えるところがうれしいです。

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中