このページの本文へ

上下がない!? 構え方が謎なデジカメ「PowerShot N」フォトレポ

2013年02月13日 12時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

撮影スタイルは自由

地面スレスレ(左)でも、被写体のかなり上のほうからでもライブビューを確認しながら撮れる
ストラップ金具がじゃまだが、横置きでもなんとか自立する。縦位置写真を撮りたいときにいいかも ストラップ金具がじゃまだが、横置きでもなんとか自立する。縦位置写真を撮りたいときにいいかも
こうすれば斜め上の撮影も三脚なしで可能 液晶を下にすれば真上も撮れる。撮影時に画面を確認できないが、まず撮影してスマホで写真を確認する、という手はある
こうすれば斜め上の撮影も三脚なしで可能液晶を下にすれば真上も撮れる。撮影時に画面を確認できないが、まず撮影してスマホで写真を確認する、という手はある

1210万画素のCMOSセンサーを搭載

光学ズームは8倍。画質劣化が少ないデジタルズーム「プログレッシブファインズーム」を使えば16倍まで拡大可能
光学ズームは8倍。画質劣化が少ないデジタルズーム「プログレッシブファインズーム」を使えば16倍まで拡大可能
撮像素子は1210万画素のCMOSセンサー バッテリーの形状は独特。容量は870mAhで連続撮影可能枚数は約200枚(エコモード時は約280枚)
撮像素子は1210万画素のCMOSセンサーバッテリーの形状は独特。容量は870mAhで連続撮影可能枚数は約200枚(エコモード時は約280枚)
側面に電源スイッチを搭載 電源スイッチの反対側の側面には撮影モード切替スイッチと「ワンタッチスマホボタン」を搭載する
側面に電源スイッチを搭載電源スイッチの反対側の側面には撮影モード切替スイッチと「ワンタッチスマホボタン」を搭載する

不思議な写真が撮れる「クリエイティブショット」

スイッチは通常撮影モードと「クリエイティブショット」を切り替えるもの スイッチは通常撮影モードと「クリエイティブショット」を切り替えるもの

 クリエイティブショットは1回のシャッターで6枚の画像を生成する機能。オリジナルを除く5枚はカメラ側が自動でシーン解析や画像解析を行なって、構図の切り出しや回転処理、特殊フィルターやカラーフィルターをかけて“クリエイティブ”な写真に仕上げる。

クリエイティブショットで生成された6枚の写真

1枚目は通常の写真(オリジナル)2枚目。モノクロ&トイカメラ風で、正方形にトリミングされている
1枚目は通常の写真(オリジナル)2枚目。モノクロ&トイカメラ風で、正方形にトリミングされている
3枚目。トイカメラ風で色あせたイメージ4枚目。1枚目に近いが色味がやや鮮やかだ
3枚目。トイカメラ風で色あせたイメージ4枚目。1枚目に近いが色味がやや鮮やかだ
5枚目。写真の四隅に色がついている6枚目。かなり淡い色味となっている
5枚目。写真の四隅に色がついている6枚目。かなり淡い色味となっている
通常撮影モードでは「オート」や「プログラムAE」のほか、「ジオラマ風」や「魚眼風」などの特殊撮影モードも選べる

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART